iPhone 6であまるiPhone 5sを売って利益を出す方法 考察編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

au版のiPhone 5s 64GBがある。iPhone 6 SIMフリーを購入する予定で、土管の品質が高そうなauで使い続ける予定だ。

この場合、iPhone 5sが余ってしまう。auで使い続けるなら、予備機として持っていてもいいが、他キャリアへMNPしたときの下取りをうまく活用して利益が出ないか計算してみる。

予定としては
あまる予定のau版iPhone 5s 64GBでもう一回線契約
MNPでドコモのiPhoneを契約して下取りで4万ポイントもらう
ドコモを解約
あまった、ドコモ版iPhoneを売る
利益が発生

という感じ。

実際は
月額料金が安いのは各種割引きなしで
プランEシンプル 1,486円 解約時日割り
LTEプラン 1,868円 解約時日割り

データ通信のプランに入ることが強制な場合
電話カケ放題プラン 4,200円 解約時に日割りかどうかは不明(Webに書いてない)
データ定額2 3,500円
LTE NET 300円

契約事務手数料 3,000円

他にも税金やら細かな料金がかかるとして、最低4,000円くらい、最大1.1万円くらいで契約してMNPで移動できるのだろうか?

ドコモの契約
基本プラン 4,200円
spモード 300円
データSパック 3,500円

解約時に日割りかどうかは、「新規契約と同月内にプラン変更した場合は、日割りされず、同月内で最も高いプランの料金が適用され」と書いてあるので日割りじゃないのだろうか。

契約事務手数料 3,000円

最大時の契約コスト
au -1.4万円
docomo -1.4万円
なんだかんだで3万円くらいだろうか

iPhone 6の料金総額 73,872円から

なんだかんだで総コスト10万円くらい

下取り 4万円相当

6万円以上で売れれば利益。

SIMフリー版iPhone 6は67,800円から。

安く契約して2万円くらい契約コストを削減したとしても利益を出すには4万円以上で売る必要がある。

結論 全く利益にならない。

でも、この状態でドコモのiPhone 6を再契約した場合は、月月割が適用されて2年間総額で7万円くらいからが割り引かれるのだろうか?
この場合の利益はどうなるんだろうか。

コメントを残す