第47回衆議院議員選挙の埼玉5区の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年12月14日に投開票が行われた衆議院議員選挙の埼玉5区の状況。

民主党の幹部である枝野幸男と、自民党の牧原秀樹による決戦という構図。民主党つぶしのために、自民党が首相を初めとして有力議員を相次いで投入するも、結果として枝野の壁はまだ厚かった。

一方で、各区の状況を見ると、大宮区、中央区は強いが、北区は同等、西区では牧原の方が上回っている。
市議会議員に元秘書が当選するなど、枝野王国を構築してきたが、次の選挙ではかなり危うい状況ではあるが、さいたま市内および、埼玉県の自民党のごたごたもあって、牧原が次の選挙でどうなるのかはまだわからない。

埼玉5区

注目は西区、北区での、共産党、公明党、民主党、その他の勢力。

コメントを残す