香港でプリペイドSIMカードを入手して中国大陸でも使う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hong kong csl prepaid

香港でスマートフォンを使うには現地でプリペイドSIMカードを利用するのがお得です。
例えばドコモの1dayパスの場合、1日980円で30MBまで通常の速度で利用出来ます。

プリペイドSIMカードの場合1500円程度で数日使用可能です。

香港ではプリペイドSIMの使用がお得

例えばcsl(香港移動通訊)のDiscover Hong Kong Tourist SIM Cardの場合、5日(1.5GB)は$88、8日(5GB)は$118です。
1香港ドルは14円程度(2017年)なので、5日間使用出来るプランは1232円程度です。

1日30MBは地図を見たり、ちょっと画像を送受信しただけで使い切ってしまうので、プリペイドSIMを使うのがお得です。
少なくとも2日以上使うなら、プリペイドSIMの方が数日間は支払った金額しかかからないのでお得です。

香港からマカオ、中国大陸で使う

香港のプリペイドSIMはマカオ、中国大陸などへのローミングにも対応しています。Discover Hong Kong Tourist SIM Cardの場合は、1日$40でローミング可能です。
(2017年6月現在1日40MBと書いてあるが100MBになったらしい)

$40は560円程度です。

これ以外には5-day APAC Roaming Prepaid SIM Cardもあります。
$198で5日間500MBローミングで、マカオ、中国、台湾、韓国、日本、マレーシア、タイ、シンガポールで利用出来るプリペイドSIMカードです。

短期間に各国を移動するならお得なSIMカードとと言えます。

他にもSIMカードの種類はいくつかあり通信事業者も複数あるので、自分に合った物を選んでみてください。
購入場所はAmazon.co.jpでもいいですが、到着した香港の空港が手っ取り早いと思います。

中国でGoogleのサービスを使う

中国大陸のインターネットは金盾という中国政府の規制により、一部のサービスが利用出来ません。
これを回避する方法はいくつかあり、VPNを使う方法とローミングで使う方法があります。

設定が簡単で確実なのがローミングの方法で、香港のSIMカードからのローミングを使えばそのままGoogle、Twitter、Facebook等を利用出来ます。

コメントを残す