iPad Proをパソコンのように使う 購入編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年秋に登場するiOS 11で、iPadがより汎用のOS的に利用出来るようになる。
これでクリエイティブ作業も十分可能なタブレットとしての用途が広がり、より気軽に利用出来ることから1kg前後のパソコンを使うよりも利便性が高い可能性がある。

実際にどうなのかは使ってみないと分からない。

2013年購入のiPad Airのパフォーマンスにあまり不満は無いが、バッテリーもへたり始めているし、ペン入力も可能、最新機能もフルに使える2017年モデルのiPad Proを購入することにする。

どのiPad Proを買うか

iPad Proは10.5インチ、12.9インチの2種類あるが、持ち運びの利便性を考えると10.5インチ一択。

家の中だけで使うとかなら12.9インチとかでも良いが、これを持ち運ぶのはでかくて邪魔すぎる。でかいのはまだ良いが、外出先でさっと出して気軽に使えないというのが実機を触っての印象。
私の利用環境の中で取り回しが良さそうなのは今までのiPadとほぼ同サイズの10.5インチである。

色はベゼル部分が黒になるスペースグレイ一択。
白でも良いけど。

ストレージはどうするか

iPad Pro Storage
ストレージは64GB、256GB、512GBを選択可能。

64GBは少なすぎてあり得ないので、実質256GBか512GBからの選択になる。
個人的に一番容量を食うのが、iCloud Photo内にあるiPhoneで撮影したビデオデータ。
これだけで500GBはある。
これ自体は自動オプティマイズして減らせるとして、256GBモデルで十分だろう。

音楽はApple Musicを利用しているし、基本的にiPhone内に入っているが、1,000曲ほど事前にダウンロードしておくとしても20GBもあれば十分だろう。
各種文書データも、使うかも知れない、読むかも知れない物をかなり欲張って入れたとしても100GBもあれば十分だろうか。

容量256GBのiPhoneを何も考えずに使ってもまだ80GBも余っている現状からすると、ビデオをオプティマイズすればさらに空き容量は増え、256GBで十分の気がする。

256GBで十分ではあるが、プラス2万円ほどで倍の512GBになるなら、512GBにして容量の不安を無くしてしまおうということで512GBにする。

Wi-Fiがあれば容量が少なくて済むというのは、海外などのしょうもないWi-Fi環境を使ったことのないクラウド楽観主義者の勘違い意見だ。
いざとなったときにダウンロード速度が遅すぎるので、使うかも知れないデータはなるべく手元にある事が正義である。

Wi-FiモデルかWi-Fi+Cellularモデルにするか

Apple SIMの登場から利便性が上がり、特に海外などで手軽にデータ通信の契約ができるようになったのは大きい。
1.5万円高くなるが利便性を考えるとWi-Fi+Cellularモデルを選んだ方が良いだろう。
ipad-pro-wifi

価格は117,800円(税別)だがこれに加えて必要な費用

最終的に10.5インチ、512GB、Wi-Fi+Cellularモデルにすると、117,800円。

これに壊れたときにしゃれにならないのでAppleCare+の9,400円を追加。iPadは年に数回確実に落とすが、今まではケースに守られて壊れること無かった。
iPhoneを壊し、MacBook Proのどう考えても初期不良を保証期間外での有料修理になった経験からApple製品でAppleCareに入るのは必須と言ってもいい。

iPad Pro price

税込総額で137,376円となる。
普通にパソコン買うのと同じだ。

ストレージを減らしたりすれば数万円安くなるが、誰が選んでも10万円前後になってしまうのがiPad Proということだ。

コメントを残す