iPad Proをパソコンのように使う ケース編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPad を使う上でケースの存在は欠かせない。

ケースは使わなくても利用には問題ないが、パソコンのように使うなら机の上に立てておくことが設置する機能がケースにある。机において利用するならケースは必須と言える。
もちろんソフトウェアキーボードを使う場合にもなくてもいいが、パソコンのように使うなら、ハードウェアキーボードの使用が基本となるだろう。
使う必要がないなら使わないでもいいので、2-in-1パソコンのようにデタッチャブル型パソコン的な利用が可能だ。

どのケースを選ぶか

問題になるのがどんな種類のケースを選ぶかという点。
Appleも純正で用意しているのが、画面保護のみのカバー、スマートキーボード付きのカバーが基本。さらに、単なる入れ物のケースもある。
入れ物のケースの場合はiPadを立てて設置できない。キーボードがないケースは純正以外からの製品も多いので、様々な選択肢から選ぶのがいいだろう。

キーボード付きのケースなどもバリエーションは増えているので、純正以外のケースもチェックしておこう。

個人的に選ぶのがiPad Proケース

個人的には、本体を全面おおうケースが欲しい。必ず落とすので。

iPad Airまではあった純正のケースがないので探すと、旧純正とほとんど同じケースがいくつか見つかった。価格も2,000円程度と安いので純正よりもお買い得だ。

キーボード付きのケースはキーボードを使いたくない時もついていて邪魔なので、今回は選ばないことにする。

Apple Pencileをどうするか

問題はApple Pencileをどうやって保管して持ち歩くかという点で、これもiPadケースに取り付けられるPencileケースというのも存在しているので、全てが付いているケースを選ぶ必要はなさそうだ。

今回選んだのはこれ

Amazonの商品名には「iPad Pro 10.5 ケース 2017 Jisoncase PUレザー 超軽量 極薄 スマート カバー オートスリープ 三つ折 スタンド マグネット 耐摩擦 耐衝撃 手作り ハンドメイド 軽量 スリム Apple iPad Pro 10.5インチ 2017最新版専用 人気 全四色 (レッドWGLbt-JP2-22030)」
と書いてある。

ポリウレタン製で、マグネット機能付きでiPad Air時代に使っていた全面を覆うケースの最新版と行った感じだ。
価格は2,190円。
色は赤以外にも青や黒もある。

他にもいろいろとあるので、非純正品から探すのが良さそうだ。

コメントを残す