埼玉5区のSNSは枝野幸男の圧勝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年の衆議院議員選挙における埼玉5区のSNS活用状況を見る。
状況は2017年10月10日午後1時頃調査。

Twitterフォロワー数
https://twitter.com/edanoyukio0531
63,800人

https://twitter.com/hmakihara
1,412人

Facebook フォロー数
https://www.facebook.com/edanoyukio/
3600人

https://www.facebook.com/HidekiMacky/
1900人

他に@LINEを使っている候補者もあり。

公式サイト

http://www.edano.gr.jp

http://hmacky.net

埼玉5区の有権者数は約37万人で、全国的な知名度の高い枝野幸男が、全国でのフォロワー数を稼いでいるとしても、数字だけで見ると枝野幸男の圧勝である。
それに比べて、全国での知名度はゼロの牧原秀樹は、投票は10万票近くあり、自民党支持者からの注目を集め、厚生労働副大臣になってもまだ、有権者数の1%に満たないフォロワー数。
一般の有権者がSNSなどを見ていないかがわかる事例でもある。

国政選挙の場合は投票率も上がるがそれでも50%がいいところ。20万人が投票するとして、そのうちの6割以上がSNSは見たこともない年齢層だろう。
若年層向けにSNSを使ったとしても投票に結びつくわけでもなく、立憲民主党Twitterアカウントのフォロワー数が一気に10万超えたこと含め、埼玉5区の情勢にはSNSは何の影響も与えなそうだ。

コメントを残す