カテゴリー別アーカイブ: Memo

メモ

枝野幸男と牧原秀樹と埼玉5区 2017年衆議院議員選挙

枝野幸男は1996年の比例当選以降、小選挙区での当選が続いているが、2017年の衆議院議員選挙ではどうなるかはわからない。
ここ何回かの選挙結果を見てみよう。

2005年 郵政選挙
当選 枝野幸男 103,014票
比例当選 牧原秀樹 91,472票

2009年 政権選択選挙
当選 枝野幸男 130,920票
落選 牧原秀樹 85,139票

2012年
当選 枝野幸男 93,585票
比例当選 牧原秀樹 84,120票

2014年
当選 枝野幸男 90,030票
比例当選 牧原秀樹 86,636票

このように枝野幸男は毎回当選はしている物の、特に直近の2012年、2014年はかなりの僅差となっている。
ほぼ毎回、日本共産党も候補者を擁立しており、この場合は10%弱の2万票弱は共産党が獲得する。

今回は「立憲民主党」の代表として選挙を戦うわけだが、そもそも小選挙区で当選するかどうかはわからない。
報道によれば希望の党が対抗馬を立てるそうだが、新人の高木秀文という無名の弁護士の程度では話にならない。ちなみに枝野幸男も牧原秀樹も弁護士でもある。

枝野幸男、牧原秀樹がそれぞれ9万票程度獲得するのが今までの流れで、それ以外の立候補者がどのくらいになるかがポイントだろうか。
日本共産党は2014年の選挙で立候補し18,654票を獲得した山本悠子を擁立予定にしているようだ。

埼玉5区周辺は、枝野幸男の元秘書らが、市議会議員や県議会議員になっており、枝野幸男の関係者が多い。
自民党もそれなりに強いが、これまでの選挙では小選挙区では取れていない。今回の選挙で仮に小選挙区で落選したとしても、比例代表での当選は確実だろう。

一方で、枝野幸男は仮に小選挙区で落選した場合どうなるのだろうか。

3DS版ドラクエ11ですれちがい通信を楽しむ方法

DQ11_5611

スクウェア・エニックスはアホなのか、ドラクエ7と同様にゲーム終了時に謎の「電源切れ」メッセージを出すので、これを鵜呑みにするとすれちがい通信は楽しめない。

3DS版ドラクエ7のすれちがい通信を楽しむ方法

3DSですれちがい通信を楽しむには3DSをスリープ状態にする必要がある。
つまり、電源を入れたまま画面を閉じた状態にしておく必要があるということ。
これはドラクエ11のゲームをすぐに始められるようにするというわけではなく、基本的に他のゲームソフトでもかまわず、ゲーム起動前のメニュー画面でも良い。

3DS版ドラクエ11のすれちがい通信要素は、ゲームを始めて特定のイベントが発生して初めて利用出来るようになる。

ヨッチ村

ヨッチ村


ヨッチ村という場所に行く必要があるが、これは普通にゲームを始めてから3から4時間くらいかかる。

それまではすれちがい通信では遊べない。

ここですれちがい通信の設定をした上で、3DSをスリープ状態にして持ち歩き、近くにドラクエ11ですれちがい通信をしている3DSユーザーがいて初めてすれちがい通信が自動成立する。

ちなみに3DSを持ち歩いているユーザーは2014年頃から激減しているので、ドラクエ11ですれちがい通信要素がドラクエ9ほど流行るかどうかは未知数だ。

香港でプリペイドSIMカードを入手して中国大陸でも使う

hong kong csl prepaid

香港でスマートフォンを使うには現地でプリペイドSIMカードを利用するのがお得です。
例えばドコモの1dayパスの場合、1日980円で30MBまで通常の速度で利用出来ます。

プリペイドSIMカードの場合1500円程度で数日使用可能です。

香港ではプリペイドSIMの使用がお得

例えばcsl(香港移動通訊)のDiscover Hong Kong Tourist SIM Cardの場合、5日(1.5GB)は$88、8日(5GB)は$118です。
1香港ドルは14円程度(2017年)なので、5日間使用出来るプランは1232円程度です。

1日30MBは地図を見たり、ちょっと画像を送受信しただけで使い切ってしまうので、プリペイドSIMを使うのがお得です。
少なくとも2日以上使うなら、プリペイドSIMの方が数日間は支払った金額しかかからないのでお得です。

香港からマカオ、中国大陸で使う

香港のプリペイドSIMはマカオ、中国大陸などへのローミングにも対応しています。Discover Hong Kong Tourist SIM Cardの場合は、1日$40でローミング可能です。
(2017年6月現在1日40MBと書いてあるが100MBになったらしい)

$40は560円程度です。

これ以外には5-day APAC Roaming Prepaid SIM Cardもあります。
$198で5日間500MBローミングで、マカオ、中国、台湾、韓国、日本、マレーシア、タイ、シンガポールで利用出来るプリペイドSIMカードです。

短期間に各国を移動するならお得なSIMカードとと言えます。

他にもSIMカードの種類はいくつかあり通信事業者も複数あるので、自分に合った物を選んでみてください。
購入場所はAmazon.co.jpでもいいですが、到着した香港の空港が手っ取り早いと思います。

中国でGoogleのサービスを使う

中国大陸のインターネットは金盾という中国政府の規制により、一部のサービスが利用出来ません。
これを回避する方法はいくつかあり、VPNを使う方法とローミングで使う方法があります。

設定が簡単で確実なのがローミングの方法で、香港のSIMカードからのローミングを使えばそのままGoogle、Twitter、Facebook等を利用出来ます。

キャセイパシフィックに登録して航空券の情報を登録する方法

航空会社のマイレージ会員以外で、航空券情報をその航空会社で確認する方法は航空会社毎に異なります。
キャセイパシフィックの場合、マイレージ会員以外でも、登録会員になればログインしての航空券の確認、スマートフォンアプリでの確認、チェックイン手続きができます。

キャセイパシフィックの会員になっていない状態で、航空券を買ってみたらたまたまキャセイパシフィックだった場合、キャセイパシフィックに会員登録してから、航空券情報を登録します。

cathay-submit

登録が完了したら、予約の追加から、予約番号もしくはEチケット番号を入力して登録します。

cathay-add

予約を追加しても、追加直後は表示されないようです。
半日くらいすると表示されるようになるので、登録さえ間違えてなければ、しばらくしてから予約を確認してください。
このため、搭乗直前の追加はおすすめします。

cathay-mile

他のワンワールドのマイレージ会員で、航空券購入時にマイル番号を登録していた場合は、フリークエント・フライヤー欄に表示されています。

2017年現在

バナナマン日村勇紀とGet Wild

バナナマン日村勇紀の登場曲はTM NetworkのGet Wild。
日村勇紀のGet Wildと言えば、ピアニカによる演奏は名人芸の域に達している。

このピアニカ芸から派生するGet Wildの演奏や発言から、Get Wildは日村勇紀の物と認識している人も少なくはない。

そんな中で2010年11月に発表されたのがTM Newネットワークによる新曲のBed Mild。
Get Wildショックをひきずりすぎたため、Get Wildに似すぎてしまったこの新曲は、本家から認められつつも、採用されることはなく歴史から消え去ろうとしていた。

それから6年後4ヶ月後の2017年4月。

ついに本家小室哲哉とセッションしたGet Wild AREKARA 30 NEN GO NO ORETACHI Ver.がNHKで発表される。
つまり、Get Wildは本当に日村勇紀の曲となってしまった。

Get Wild Song Mafiaもいいけど、どうせならGet Wild Song Himuraも出せばいいのに。
全世界のヘチマファン4人くらいが買うんではないか。