タグ別アーカイブ: アップル

アップルの2012年9月の新製品を勝手に妄想

Apple 12 5

Appleの新製品を2012年9月12日に発表するとかで、いつもの予想大会になっています。
今回は、12日という数字と謎の5という影が招待状のヒントになっているということで、iPhone 5だとかいろんな予想をする人がいます。

個人的に思うのは、iPadで数字をつけるのをやめたので、iPhoneやその他の製品ラインでも名前をすっきりさせるだろ言うという点です。

iPhoneは発表されるでしょうが、名前は「新しいiPhone」とかになるんじゃないかと思われます。
すでにパッケージデザインがなぜか流出しています。

これ以外にはiPod系の名前も今となってはおかしな物がたくさんあります。
例えば、iPod touchですが、iPod nanoもタッチ対応なのに、いまだにiPod touchはタッチという名称がついています。

iPhoneのiPod版として、この製品ラインは残るでしょうが、この製品をiPodにして、touchという名称をなくし、ストレージ大きい版を出して、iPod classicがなくなる可能性があります。

iPod nanoは小さい版iPodとして名前も製品ラインも残るでしょう。

ここまでで、iPhone、iPod、iPod nanoと3モデルあります。
招待状の5は5機種出るという意味だとするとあと2モデル必要です。

これがiPad系なのか、Apple TV系なのかもしくは全く違うものなのか個人的には全くわかりません。
あと1つなら、iPad miniもわかりますが、コネクタが新しくなったiPadもあるのでしょうか?

なにか予想の斜め上を行くびっくり製品が出てくるといいですね。

iPadを使いたくない人用端末Android Tablet

iPad 2はCPUとカメラ内蔵、外見の変更が一番大きなアップデートかと思うが、画面解像度など大きなアップデートはなかった。
しかし、価格は従来機と据え置きで、32GB Wi-Fi版がUS$599、32GB Wi-Fi+3G版がUS$729。
おそらく現時点で解像度が倍増してAppleの言うRetina displayにした場合、コストが上がり、品質もどうなるかわからない。

その点、Android Tablet系はまたもや大きく引き離されずにすんだわけだ。いわゆるHoneycomb Tablet、Android 3.0系タブレットはようやく世の中に出てくるタイミングでのiPad 2登場と言うことでまたもや厳しい戦いを強いられる。
そもそもWindows系はこの市場に参入も出来ていないというお粗末な状態。HPのwebOSはこれからだ。

価格面では、Motorola XoomはUS$800だったり、LG Optimus PadはUS$1000程度だったりしているようだ。
これを32GのWi-Fi+3G版と比較してみるとiPadの方が安い。Android系は値引きもしてくるだろうが、発売日時点の価格設定でiPadより高いというのはどうなのか。

また、現時点でのAndroid TabletはでかいAndroid Smartphoneでしかなく、iPadという超強力なライバルがいる。ソフトもたいしてそろって無く、本体機能も取り立ててすごいわけでもない割高な製品を誰が買うというのか。

もちろん、iPadも当初はでかいiPhoneでしかなかったが、発売半年程度でほとんどのアプリがそろうようになった。これと同じように、Android Tabletにも、これに特化したアプリがそろってくるのだろう。
それには少なくとも数ヶ月はかかるわけだが、iPhoneとAndroid系Smartphoneの全体的な完成度は現時点で大きく異なる。

iPhoneもAppleに囲い込まれているので、自由度に欠けるなど問題もいくつかあるが、最近は物にもよるが、実用度でAndroid端末にはiPhoneに及ばない部分が多い。

何らかの理由でiPhoneを使いたくないが、Smartphoneを欲しい人用端末となっているAndroid Smartphoneのように、Android Tabletは何らかの理由でiPadを使いたくない人用Tablet端末になりはしないだろうか。

AppleとLenovo製品の物流を比較してみる

AppleとLenovo製品をほぼ同時期に発注したので、到着までにどのような経路で来て、どちらが優れているかをメモしてみる。
AppleもLenovoも、中国のシンセン(深圳:香港の隣あたり)で製造していると思われる。
航空便はどちらも香港から成田というルートを使っていると思われるが、Appleが現地でどこを使っているか不明だが、国内ではヤマト運輸、Lenovoは現地の発送も国内でも日本通運を使っているようだ。

Appleは国内到着からしか荷物を追跡できないが、Lenovoは航空便への搭載状況、国内での倉庫の移動状況がわかる。
Lenovoが使用してる日本通運のシステムはどちらかといえば、航空関係者や大口の利用者向けのコンテナ丸ごとのシステムだと思われるが、そこに含まれる全ての荷物の状況が確認できる。それぞれの配達状況詳細はわからないが、1コンテナあたり100程度の荷物があり、それぞれの配達完了情報はわかるが、どれがだれの荷物なのかはわからない。
Appleは、国内に来てからの追跡のみだが、国内でヤマト運輸を使用したのと同じように追跡できる。

日時 (曜日) Apple iPod nano Lenovo ThinkPad Accessory Lenovo ThinkPad T400s
9月6日(日) 発注
9月7日(月)
9月8日(火) 現地発送
9月9日(水) 航空便発送 / 国内到着 / NEC NOGEDAIRA 上屋搬入
9月10日(木) 発注 発注 輸入通関許可 / NEC NOGEDAIRA 上屋搬出
9月11日(金) 現地発送 現地発送
9月12日(土) 航空便発送 / 国内到着 航空便発送 / 国内到着 TOKYO 配達完了(最も早い誰かの荷物)
9月13日(日) 国内発送 NEC NOGEDAIRA 上屋搬入
9月14日(月) 発注者宅へ到着 輸入通関許可 / NEC NOGEDAIRA 上屋搬出 発注者宅へ到着
9月15日(火)
9月16日(水)
9月17日(木) 発注者宅へ到着

iPod nanoはオプションの刻印付きの物。
ThinkPadのAccessoryは2つ発注し早く出荷した方、遅いのはバッテリで、こちらは17日になっても生産指示済みで進行せず。
ThinkPad T400sもカスタマイズ注文した物。

配送済みメールは、どちらも現地の工場を出た時点で送られる。

Lenovoの配送済みメールは、すでに航空荷物として登録されて、飛行機への搭載を待っているような状態の時にくる。
Appleのメールはまだ国内の物流に乗っておらず、番号も登録されていない段階で来る。

Lenovo物流

Lenovo物流

パッと見、Lenovoの方がどの航空機で来るのかなど国際物流の状況が分かって楽しいが、日本に到着後の詳細がわからないので、消費者目線からは実質役に立たない。
Appleはヤマト運輸と同じで、国内到着後なので、海外から来ている感じはしない。

今回は土日を挟んだが、それを考えなくてもAppleが使っているヤマト運輸の物流は優秀だと言える。
ヤマト運輸の場合、国内到着、税関、国内の物流網という流れが非常にスムーズで、これ以上文句の付けようがない。

日本通運は土日は基本的に休みらしいが、それにしても日本に来てからが遅い。
Lenovoの荷物が日本に来た後、何をしているかはわからないが、生産から日本到着まではそれなりにスムーズだが、税関後がとにかく遅い。いったい何をしているのか。
また、Accessoryで注文したバッテリーなんかまで海外から送るのはまだ許せるとして、生産待ちになるってのはどんな管理しているんだろうね。

本体が良くても(良いことにするとして)その他のサービスがお粗末だと全部が悪い印象になるという典型例。