タグ別アーカイブ: アメリカ

アメリカ旅行でUberが便利すぎてレンタカー不要の時代到来

US-highway

先日(2016年9月)、アメリカ旅行に行ったところ、今までは必須だったレンタカーが不要になっていて、世の中が変わっていることがよくわかりました。
Uberが便利すぎるからですが、それ以外のサービス含め様々なサービスが登場しており、このまま自動運転へ向けてアメリカは変わっていくんだと思います。

9月に行ったサンフランシスコ・シリコンバレーへの旅の準備段階

初めから使わないで何とかしようと思ってましたが、実際に使わなくても取り立てて問題なかったのが驚きです。
今までなら絶対にレンタカーを借りていて、無かったら現地でどうするんだよという状態でしたが。

バスを使ったら一応問題なく利用出来た
バスに便利に乗るようにするための準備はそれなりに時間かかったけど。

Uberが便利すぎる
Lyftも含めてだけど、呼んだらすぐ来てお金その他の面倒なやりとり不要でタクシーより安いのが便利すぎる。ワナもあるけど。

短時間車を利用出来るカーシェアもある
Zipcarというアメリカのカーシェアリングの会員になったけど、外国人が会員になるハードルが高くておすすめできないけど。

丸一日車を使わない限りレンタカー不要
後は長距離移動が頻繁にあるとかじゃなければもうレンタカーは不要な時代到来。
もちろんコストと利便性含め、車を借りるより安いということ。

レンタカー不要になる条件

レンタカーが不要になると言っても、アメリカの全地域でそうなわけではなく、

  • Uberとかがうじゃうじゃ走っている
  • バスとか鉄道とかもそれなりに利用出来る
  • 長距離移動がそれほど多くない

というような条件がそろっている所に限られます。あと、現地でスマートフォンが使える必要もあり。

例えばニューヨーク、サンフランシスコあたりがそれに当たります。
アメリカでもこの地域は以前からレンタカーは不要でしたが、その周辺地域、例えばシリコンバレーもそうなっています。
ニューヨークならマンハッタンの周辺とか、ニュージャージーなんかもそうなっているのかと思います。
多分シカゴとか、日本人が良く行くような都会のアメリカならどこも似たような感じだと思います。

ロサンゼルスはバカ広く、日本人が思っているロサンゼルスの範囲は関東平野くらいあります。
このため、1日の移動範囲がどうなのかにもよりますが、一般的なサンタモニカからハリウッド、ダウンタウン周辺の移動だけならレンタカーは不要です。ロングビーチとかの方面にも行くなら微妙です。

ラスベガスもそれに近いですが、タクシー業界の関係かUberの利用が微妙みたいです。
そもそもラスベガスはレンタカーを利用しても、ホテルの駐車場から出るのに部屋から駐車場まで15分、車が駐車場内で渋滞(駐車場内での渋滞というのが存在するのです)してたら出るまで15分、外に出るまで30分かかったりするので、レンタカーも微妙なのですが。

Uberのワナ
Uber、とくにUber XやUber Poolはタクシーより安いのですが、ピーク時は数倍に跳ね上がります。
1.5倍くらいならいい方で、ひどいと3倍とか4倍になるみたいです。
何でもかんでもUberを使おうとすると時間帯によっては大変なことになります。

この後に来ること

まずは車のライドシェア
UberとかLyftの業務でのライドシェアじゃなくて、通勤とかでその辺の人を乗せてあげるライドシェアです。Waze Carpoolとか、Scoopなんかがそれです。

これで、小規模で細かな単位でのマッチングを学習させ、自動運転につなげていきます。
自動運転では1人で乗るのではなく、マッチングさせて複数人乗車が普通になると思います。その方が安いから。Uber Poolでの安さを知ったらこれでいいやという人が増えるでしょう。

今までのようなでかいバスではなく、小さめの車で出発地と目的地がほぼ同じ物同士のライドシェアを効率化した方が利用者には便利でコスト面でもお得です。
人間の運転はそれまでの学習のベースになるでしょう。
車のライドシェアを使う人は、自動運転車も積極的に利用するでしょうから。

そして、自動運転で本格的に車を所有しなくなる時代が来ます。

自動運転車時代の到来

Teslaの状況を見る限り、自動運転車は2017年頃には公道を普通に走るようになっていると思います。
通勤需要なら、自家用車の自動運転での1人移動と、自動運転車で相乗り通勤の両方があります。当面はどちらも使われるのでしょうが、相乗り通勤が主流になるのではないでしょうか。渋滞問題が深刻なので。

この辺の自動運転へ向かう途中の現地の状況を知りたい方は、2016年9月の事情をまとめた本をご覧ください。

Unlimited対応なので会員は無料です。

アメリカに行ったらクレジットカードを止められた話

先日アメリカに行った際に、クレジットカードの不正利用が疑われるとかで、支払いが出来ませんでした。当初、機械のトラブルで払えないんだろうと思っていたのが、実際はクレジットカード会社が不正利用を疑い止めていたのです。
その後、カード会社に国際電話をして何があったのかを聞いて、自分の支払いである事を説明しました。

カードが止められるまで

これはアメリカに行った初日の出来事でした。
該当のカード自体は、乗り継ぎのロサンゼルス空港でコーヒーの支払いに使用し、ホテルに行くシャトルバスの支払いに使用し、ホテルのデポジット用に登録、現地に到着してからのレストランの支払いにも使用。

cannot process

その後、サンフランシスコのシェア自転車Bay Area Bike Shareを利用しようと思い、道ばたに置いてあるシェア自転車の貸し出し端末で手続きをしました。
該当のクレジットカードで支払おうとすると、支払いプロセスが完了しませんでした。

これは、アメリカあるあるの貸し出し端末が壊れているんだと思い、仕方なく歩いて移動しようとしました。

Uber Rate

なにしろUberのレートが3倍とかになっているのです。後で知りましたが、近所のスタジアムでフットボールの試合があったようです。

シャア自転車が使えない、Uberが高い、歩いても20分くらい(実際は30分)の距離なので、何とかなるだろうと思った次第です。

カード会社との会話

歩きながら、スマートフォンでメールを受信すると、カード会社から利用確認のお願いというメールが届いていました。
デポジット込み101ドルの支払いが不正利用とされたようです。

メール画面で自分の物か、自分の物ではないかをタップ出来るようになっていましたが、仮に自分の物だとした場合、実際は使ってないのに課金されてしまうのではないか、という疑問があったので、カード裏面の電話番号に電話してみた。

電話用の暗証番号を求められたが、わからない、窓口に繋がり、状況を説明した上で、本人確認が必要とされた。
聞かれたことに答えるが、登録している情報が古すぎるとか、個人的な事情から全く答えられない。
電話が長引くと料金がかさむので、じゃあいいですと切ろうとすると、かけ直すと言われ、アメリカでの電話番号を連絡。
ここまで3分48秒ほど。

私がその時使っていた電話のプランで料金は4.36ドル。
仮に一般的なローミングでの料金では、560円。

Palo Alto Night

うすうす気づいていましたが、目的地に向かって歩いていた場所は住宅街で全く灯りがありません。
たまに通る車と、家から漏れる灯り以外は、真っ暗な道を歩くのみです。日本のように道ばたに照明はありません。
はっきり言って犯罪発生率が高い地域だと、こんな真っ暗な道は歩けません。死にに行くような物です。
たまたま、悪い目に遭わなかっただけとも言えるでしょう。

その後、3分10秒かけて、基本的な認証の後、その支払いは本人が使った物で、仮にメールに本人の物だとしても、それを課金されることはないことなどの説明を受ける。
料金は着信なので無料。ローミングで着信した場合は4分で700円。(発信より高い)

滞在日程を説明し、同じように止まらないようにお願いしました。

クレジットカードが止められたために歩くことになったのですが、カード会社に真っ暗な道をとぼとぼ歩くことになった情報を伝えておけば良かったと思います。
言っても何にもなりませんが。

その後

歩いて目的地に行こうとする物の、近くでやっていたフットボールの関係で、いつまで経っても目的地に着きません。
目的地だと思っていたところについても、違う場所なことがわかり、本来の目的地についても、目的のことは出来ないというわけのわからない状態になってしまいました。

Palo Alt Stadium Station

自転車が使えなかった時点で、レートが高くてもUberを使った方が正解でした。無駄な時間という意味で。
夜中のアメリカの住宅街を歩き、フットボールの試合帰りの変な人達を見るという経験が出来ましたが、あまり経験をしないでも良いことでした。

その後、いろいろあってホテルに戻ったのは、夜10時を過ぎていました。

日本時間朝6時には起床。
そのまま成田に行き、ほとんど寝ずに、ロサンゼルス経由でサンフランシスコ到着。
レストランで食事の時点で、起床から30時間ほど。
さらにいろいろあった5時間、結局起床から36時間後に翌日のために睡眠という事になりました。
この日は40時間くらいありました。
海外で特徴的なことがあるのは珍しくありませんが、特に変わった事のあった日となりました。

その後、調べるとクレジットカード会社は、海外用に電話番号を用意している事がわかりました。
今度からメモしておきます。

アメリカの入国が半自動化しているらしい

アメリカ合衆国に入国する際、日本人はESTAを利用するが、このESTA利用が2回目以上の場合(ようするに1回は普通に入国する)APCという機械を使って半自動で入国出来るようになるらしい。

半自動というのは、全て機械で出来るようになるのでは無く、最終的には人間が判断するようだが、職員が行っていた基本的なパスポート情報の入力なんかを入国する人にやらせて、係員の手間を省こうとする作戦だ。(と筆者は考える)

この仕組みは「APC:Automated Passport Control」と呼ばれていて、多くのアメリカの国際空港で対応済みらしい。
筆者も2014年末にこの機会を使った入国をしたが、空いているターミナルでの入国審査だったので特に速かった気はしない。

http://www.cbp.gov/travel/us-citizens/automated-passport-control-apc

Google TC Summit 2015用現地の通信環境 その1

GoogleのTC Summit 2015が開催されるが、日本からアメリカに行く際に問題になるのが、現地の通信環境をどうするかという点。

宿泊先のホテルとSummit会場はWi-Fi環境が整備されているだろうし、バス移動する場合はバスの中にもWi-Fi環境が用意されているかもしれない。
このため、ノートパソコン、タブレット、スマートフォンを持って行けば、会場では問題ないだろう。

問題は、Wi-Fiが無い街中や現地での観光中にどうするかという点。

アメリカでの通信手段確保方法

携帯電話会社の各種ローミングサービスを使う

ドコモ、au、ソフトバンクはローミングサービスを提供しているので仮に現地滞在時間が最短の3日ならこのサービスを使うのが手っ取り早い。
ソフトバンクでiPhone 6かiPhone 6 Plusを使っているならアメリカ放題を使えばタダだ。(2015年7月現在)

日本でモバイルWi-Fiルーターを借りる

各社が海外用にモバイルルーターをレンタルしている。コストは1日1,000円前後。
これを使えば、スマートフォン、パソコン、タブレット等の通信環境がこのルーター1台で確保できることになる。
借りたり、この機器の管理の手間等を無視すればまあ悪くは無いサービス。

現地でプリペイドのモバイルWi-Fiルーターを購入する

現地の通信事業者がモバイルWi-Fiルーターのプリペイド版等を提供している。
旅行者が利用するならプリペイド版一択だが、価格は様々な条件がある物の、本体と通信料金含めて100ドル前後から。
Summit含め現地に1週間以上滞在するなら、場合によっては日本でWi-Fiルーターを借りるよりも安い場合もある。

現地でプリペイドのスマートフォンを購入する

モバイルWi-Fiルーターを使えば様々な機器で利用できるが、スマートフォンで直接利用できた方が面倒が無い。
この場合、一番手っ取り早いのがプリペイドスマートフォンを買ってしまうと言う点。
価格は100ドルくらいから300ドルくらいまでいろいろ。
ただし、日本語の表示が中華フォントだったり、設定が面倒かも。

現地でプリペイドのSIMカードをSIMフリーのスマートフォンで利用する

現地ではBYOD(Bring Your Own Device)とかBYOP(Bring Your Own Phone)で、携帯各社にSIMフリーのスマートフォンを持ち込むのが一般化しつつある。
つまり、SIMフリーのスマートフォンを持って、携帯各社で契約するのが普通になりつつある。

そんなSIMフリーのスマートフォンを日本から持って行き(もしくは現地で購入して)現地のSIMカードを購入して契約すれば、そのまま利用できるようになる。
この場合、プリペイドのSIMカードを購入するのがいいだろう。通信料は条件にもよるが1週間程度なら数十ドル前後から。
プリペイド自体の購入費は20ドル前後。安くて50ドル前後でSIMカードと短期間の契約が可能。
この場合は、日本と同じように利用できるし、現地の通話やSMSも利用できる。

ちなみに、SIMフリーは和製英語で、英語ではSIM Unlockedとか。

現地で購入はどこで買うのかという点

アジア各国ではSIMカード購入は空港の携帯電話カウンターと相場が決まっているが、アメリカにはそんなカウンターは無い。
それではどこで買うかというと、電気店や街の携帯電話ショップ。
電気店はBestBuyが全米最大規模のチェーン店で、どの街にもあるが、宿泊地の近くにあるわけでは無い(と思う)。
確実なのが、携帯電話ショップ。
何にしろ、購入してアクティベーションまでやらなければならないので、現地語が得意で無い場合は、携帯電話ショップで買うのが手っ取り早いかも。(どこにあるかは自分で調べてね)

注意点は時々いろいろな条件が変わる点

アメリカの通信業界でSIMフリーに優しくなったのが2014年頃から。
この頃大きく変わったので、直近でまた大きな変更はなさそうで、2015年7月までは今まで書いた事は半年以上は大きくは変わっていない。
しかし、何かのきっかけで急に変わることがあるので注意。

ところでホテルのWi-Fi環境

Summit期間中はホテルのWi-Fiも無料らしいが、一般的にはホテルのWi-Fiは有料。
料金は1日10ドルとか15ドルとか。

日本からアメリカへ行くために必要な事 #tcsummit

Googleから2015年10月に招待される予定のTop Contributor(トップレベルユーザー)の皆さん、なぜかアメリカ旅行に行くのに検索したら出てきちゃった方、こんにちは。

日本からアメリカに行くのに絶対必要になる基本的な事項を書いておきます。

パスポート
絶対に必要で、これがないと日本から出国することも出来ません。

一般にパスポート申請から取得までは2週間弱かかります。これ以外に本籍地の戸籍謄本が必要になったり面倒な事が多いので、この件に限らず、少なくとも渡航の1ヶ月前くらいから準備しておきましょう。
注意事項としてはパスポートの期限です。パスポートの有効期限が半年後とかだと、どこの国でも入国を拒否される事が多いので、古いパスポートを使う方は十分注意しましょう。

ESTA
海外に行く際には査証(ビザ)が必要になることがありますが、日本人がアメリカに観光や短期の出張に行く際にはビザは必要ありません。
これはビザ免除プログラム(VWP)という制度のおかげですが、2009年から電子渡航認証(ESTA)という制度が出来ました。

ESTAは一般的に「エスタ」と呼ばれていますが、要するに事前に自分でアメリカに渡航しますとアメリカ合衆国政府に申請することです。
ここでは、パスポート、氏名、生年月日等の情報をインターネットで入力する必要があります。

その入力のためのサイトはこちらです。
https://esta.cbp.dhs.gov/esta/

ここでの申請には費用がかかります。14ドルなので1,500円程度ですが、クレジットカードでしか支払えません。
クレジットカードは、VISA、マスター、アメリカンエクスプレス、JCB(Discover扱い)が利用できるので、ほぼすべての日本のクレジットカードユーザーが支払えると思います。

申請方法がわからない場合は、旅行代理店が代行していますし、クレジットカードが無い方も旅行代理店が代行していますが、1,500円の数倍の料金を払うことになるので注意してください。

申請自体は一般的に一瞬で終わりますが、渡航の数日前の申請が必須とされています。
申請した後の番号は控えたりする必要は無く、アメリカ入国時にも何も使いません。ただ単に事前に申請しておけばいいだけです。
申請していない場合は、飛行機に乗せてもらえないようです。

絶対に事前申請を忘れないようにしてください。

条件によってはESTAでの申請が出来ない場合があるようです。アメリカでの入国にトラブルがある方がこの条件に当てはまることがあるようです。
この場合は査証が必要になります。査証を得るにはアメリカ大使館での申請が必要でかなりの時間がかかります。アメリカ入国でトラブルの覚えがあるならESTAでの申請を早めにやって、査証への切り替えが必要になるかどうかを確認しましょう。

クレジットカード
アメリカに限らず欧米全般では、クレジットカードを持っている事はまともな社会人の証拠です。
クレジットカードを持っていない方は、クレジットカードを持てない状況の方と理解されることがほとんどです。つまり、財政状態が非常に悪く、信用が無い方という理解になります。

買い物は現金で払うので、そんなのは関係ないと思うでしょうが、例えば一般のホテルに宿泊するには宿泊代金を事前に旅行代理店が支払っていても、宿泊者自身のクレジットカードでのデポジットが必要になります。
クレジットカードが無いと言うことは、デポジットを払える財政状態ではないので、ホテルでは信用できないため宿泊させないということです。
現金でデポジットを払うという方もいるでしょうが、欧米のホテルでは現金でのデポジットは受け付け無い事が多いです。仮に旅行代理店がホテル代を支払う場合でも、宿泊者は自分のクレジットカードをデポジットとして登録することがほとんどです。
団体のツアーの場合は現地コーディネーターがその辺の処理をしているので、ツアーの場合はその辺の処理がどうなっているのかわかならいでしょうが、一般の旅行の場合はクレジットカードは必須です。

クレジットカードを持たないという、わけのわからないポリシーを日本で謳歌している方も多いですが、そのような無駄なポリシーは欧米社会では無駄でしかありません。
アメリカに旅行に行くなら素直にクレジットカードを取得してください。
欧米へ旅行へ行くのに、クレジットカードを持たないで行くということは、それなりのリスクが待ち構えています。

現地で使うお金
現地ではアメリカドル(以下ドル)しか使えません。
現金、クレジットカードでの支払いはすべてドルベースになります。10ドルなら単純に100倍して、既存の為替に合わせた調整をすればいいです。
2015年6月現在、1ドル120円超なので、10ドルの物を購入するには、100倍した1,000を2割増しにした1200円程度と考えれば計算が速いです。
もしも1ドル90円なら、100倍した後の1,000から1割引いて900円になります。

クレジットカードはVISA、マスター、アメックスは一般的にそのまま使えます。
JCBはDiscoverとして使えるので、Discoverのマークがあるレジで店員が使えないと言ったら、「Discoverとして処理してね」と伝えてください。伝える語学力が無いので不安な方は、素直にVISA、マスター、アメックスを使用しましょう。

現金は、素直に日本発の空港の銀行で両替すればいいです。
アメリカの空港での両替は一般にレートが悪いので、日本での両替がお得です。
両替は、空港でやるよりも街のチケットショップ等の方がレートがいい場合もあります。数日の旅行で多くても数万円を両替するならレートが1ドルあたり1円違ったとして、1万円あたり100円しか変わりません。10万円でレートが2円違っても2,000円の差でしかありません。気にせずに空港の銀行で両替するのがおすすめです。

両替する際は、20ドル札と、1ドル等の小額紙幣を多めにしましょう。100ドル札はアメリカでの店が受け取りを拒否することがほとんどですので、100ドル札への両替は数千ドルを両替するので無ければ止めておきましょう。

現地で銀行からお金を下ろす
日本の銀行口座から現地のATMを使ってお金を下ろせるのは、シティバンクや新生銀行といった一部の銀行だけで、他のほとんどの銀行では対応できません。
もしもATMからお金を下ろしたい、もしくはお金を下ろすような事をして、現金をあまり持ちたくないなら「キャッシュパスポート」みたいなサービスを利用する方法があります。

他には、クレジットカードのキャッシングを利用するという方法もあります。
クレジットカードでのキャッシングをしたことが無い方もいるかもしれませんが、持っているクレジットカードがキャッシングに対応していることに加え、クレジットカードの暗証番号が必要になります。
万が一を考えて、事前に準備しておきましょう。

トラベラーズチェック
使い物になりませんので、もしも持っていたら捨ててください。

まとめ
ということで、
パスポート
ESTA(が出来ない場合は査証)
クレジットカード(もしくは現金)
があれば、アメリカ旅行に行くこと自体は出来ます。