タグ別アーカイブ: インターバル撮影

インターバル撮影が可能なコンパクトデジカメ 2012

2008年の情報へのアクセスが多いので、2012年7月版を公開する。

ニコン

COOLPIX P7100
COOLPIX P510
COOLPIX P310

チェック方法
仕様の連写のところに「インターバル撮影」と書いてあるかどうかをみる。

リコー

CX6
CX5
GXR
GR DIGITAL IV

チェック方法
その他主要撮影機能に「インターバルタイマー」があるかどうかをみる。

パナソニック

DMC-LX7
DMC-FT4

その他機能 撮影モード時に「インターバル撮影」があるかどうかをみる。

以上

インターバル撮影が可能なコンパクトデジカメ

インターバル撮影というのは、1秒に一回撮影するというような機能。この機能を活用するとどうなるのかはこの動画を見ればわかる。

2012年の情報はこちら

このように、本来はゆっくり動く物をパラパラ漫画みたいに早回しが出来る。こんな機能はデジタルならではの活用法だ。
カシオのハイスピード撮影が出来るEX-FX1でインターバル撮影機能もあれば最高だったけど、残念。

28 Hours in Jyväskylä

要するに1秒に一回とか決めた間隔でシャッターを切りまくればいいので、なにも特別な機能は必要なく、自力でも出来るし、そんな装置も売ってるらしいけどやっぱり、本体にそんな機能がついているのが手っ取り早い。

ということで、主要機種からこの機能があるのを調べてみた。

ニコン
COOLPIX S520
COOLPIX S210
COOLPIX S700
COOLPIX S550
COOLPIX P5100
COOLPIX P80

RICOH
いずれも撮影間隔 5秒~3時間、5秒単位
R8
Caplio R7
GR DIGITAL II
Caplio GX100

キヤノンは動画で記録
640×480 0.5/1fps(最大2時間、再生時は15fps)
PowerShot G9は最大時間の記載なし
PowerShot G9
IXY DIGITAL 2000 IS
IXY DIGITAL 910 IS
IXY DIGITAL 820 IS
IXY DIGITAL 25 IS
IXY DIGITAL 95 IS
IXY DIGITAL 20 IS
IXY DIGITAL 10 IS

カシオ、ソニー、オリンパス、パナソニックなどは対応機がないみたい。
このラインナップからみると、余計なソフトが不要なキヤノンは一見便利そうだが、それがネックにもなりうる。
ニコンのインターバル仕様がよくわからないが、ニコンかリコーから選ぶのがよさそうだ。

2012年の情報はこちら