タグ別アーカイブ: キンドル

Amazon Kindle用に青空文庫のまとめたのを雨ざらし文庫ってところが売ってるけど、同じファイルが無料で配布されてるよ

Amazon Kindle用にレ・ミゼラブル、源氏物語、宮本武蔵などを99円など(2013年3月現在)で雨ざらし文庫というところが販売しているが、これは青空文庫のデータをまとめた物。

無料の青空文庫のデータをまとめて、Kindle用にしたという手間だけでもお金を払うことに問題はないかと思われるが、どうもなって人もいると思う。
そんな人には、

http://level.s69.xrea.com/mozilla/index.cgi?id=Amazarashi

ここで無償公開しているのをダウンロードすればいいと思うよ。
雨ざらし文庫の本人なのかな。同じのを無償で提供しているみたい。

ラスベガスの展示会用旅行ガイドをキンドルで出版しました

ITライフハックにおいて2011年12月頃に世界最大の家電ショーCESの歩き方について解説した記事を書きました。

トレンドがわかる世界最大の家電ショー!CESの歩き方を伝授
ベガスへは西海岸からLCCで!CESへのお得な航空券の取り方
ベガスで泊まるならダウンタウン!コストを抑えてCESで情報収集
夜はパーティーで情報収集!関連イベントも盛り沢山のCES
ベガスの移動はモノレールとバス!コストを押さえたCESの移動手段
データ通信が難しくなる展示会 CESの通信手段はこうしろ
CES名物大行列!なんでも行列の展示会

その記事をほとんど原型が残らないほど大幅に加筆修正(内容は約2倍)したものをAmazon Kindle ダイレクト・パブリッシング(KDP)により出版しました。

ダイレクト・パブリッシングを使ったのは初めてですし、電子書籍のフォーマットを作成したのも初めてで、いろいろと不都合もあるようです。
2012年内のアップデートを考えていましたが、売れなさすぎたのでアップデートが遅れ5月27日になってしまいましたが、多少修正しました。
その後も情報を修正・追加していき、2014年版を新たに出版しようと思いましたが、2013年末にアップデートして2014年版にしたいと思います。

さらに、ダイレクト・パブリッシング自体がやっていて楽しいようなら別のテーマの電子書籍も提供していきたいと思います。

こうして自分で執筆、編集などすべて行った物がAmazonに並んでいるのは感動ですね。

価格は印税率が高い70%で最低金額の250円にしました。
CESやNAB Showなどに初めて行く方や、まだ慣れていない方は十分納得できる情報なので、納得できる金額かと思います。

Kindleをお持ちの方、スマートフォンやタブレット、PCなどでもこの本は購入できるので一般の観光ガイドに書かれていない情報を得たい方におすすめです。

電子書籍のKindleで100万冊の本を個人で売った人

アメリカのケンタッキー州のJohne Lockeさんが。Kindle Direct Publishing(KDP)で合計100万部を販売した。

Kindle Direct Publishingとは、出版社などを通さず、筆者本人がAmazonのKindleで直接本を販売できるサービス。
基本的に誰でもここに登録可能で、プロの作家はもちろん、素人でもここを通せばKindleで本(というか本に書いてある情報)を販売できる。

ここで販売していたのは「Vegas Moon」、「Wish List」、「A Girl Like You」、「Follow the Stone」、「Don’t Poke the Bear!」やNew York Timesのベストセラーにもなった「Saving Rachel」で、最新の本は「How I Sold 1 Million eBooks in 5 Months」となる。
これらの書籍の合計で100万部を越えたとのこと。
基本的にどの本も$0.99で販売されており、Locke氏の取り分は$0.35だ。単純計算で35万ドル(2800万円 $1が80円で)の収入となった。これは今後も増えることが予想できるが、1年に数冊そこそこ売れる本が書けるなら十分これだけで生活できることがわかる。

そこそこ売れる本を書くのが大変なわけだが、そのあたりの秘密は「How I Sold 1 Million eBooks in 5 Months」を読めばわかるのだろうか。

日本の状況に照らし合わせると、日本の紙の書籍は文庫本で400円くらい。著者への印税は10%程度なので40円くらい。
これをそのまま日本と比較すると、Kindleの本は1/4のコストで購入でき、筆者は3倍以上の報酬を受け取れると言うことになる。

JOHN LOCKE
John Locke Becomes the First Independently Published Author to Join the “Kindle Million Club”

Kindle 3は文字を読む最強端末(2010年8月現在)

iPadが登場したとき、ハードウェアはともかく、ソフトウェア面などを総合的に見て、他社がこれに追いつくのはかなり厳しいと感じたが、Kindle 3も同じ感じをいだかせる。

Kindleが登場する前の電子インクデバイスはいろいろみたし、カラーの電子ペーパーも各社の開発中品を含めいろいろとみてきた。販売されている物も、Kindle 2やB&Nのnookは所有して愛用していたし、CES 2010でお披露目された様々な端末も実機をみてきた。
そのどれも、2010年8月に発売されたKindle 3にはかなわない。もちろん、Kindle DXの様な表示部がそもそも大きいデバイスや、iPadのような液晶を採用したデバイスは別の利点があるので、同軸に語ることは出来ない。あくまでも、小説など文字を中心とした読み物用デバイスとして最高だと言うことだ。

Kindle 2もそこそこ完成されていたが、Amazonは小説や実用書など文字が主体の文章を読む端末として、さらに完成度を高めた他社を引き離してしまったのがKindle 3だ。

Kindleは電子インクを採用し、バッテリ駆動時間が長く、直射日光下で使用できるという利点がある。もちろん、電子インクデバイスは、今後も書き換え速度やコントラスト、カラー対応などさまざな改良がなされるだろうが、これらの性能が現在の液晶並みになるのは当分先だろう。液晶も1990年代前半までは白黒が主流で小さく高価なディスプレイだった。
これらの性能が成熟すれば、将来のKindleなどに採用されるのだろうが、年単位で時間がかかるため、それまではKindle 3や将来の機種を選んでも全く問題ない。

現時点で、価格、サイズと重さ、バッテリ駆動時間などのバランスを考えると、Kindle 3は文字を読むデバイスとして、非常にバランスとれたハードウェアだ。

$139からという価格設定は決して安くはない物の、多読家にとって、Kindleで本を安く買えるのなら、非常にお得な設定だ。そうでない方には安くはないが、この手のデバイスで1.5万円を切っているのは、あまり興味のない方でも手を出しやすい価格だろう。

重さは約241gで最近の携帯電話の2倍程度だが、サイズの関係もあり非常に軽く感じる。長時間持っていても疲れない重さだ。たまたまなのか意識的なのか、iPadの半分というサイズも気軽に持ち運べるサイズで、厚みも薄い。鞄の中に文庫本数冊入れるのなら、これを1台入れていた方がよっぽど役に立つ。ハードカバーは比べる対象にもならない。

従来モデルと比較し、比べなければよくわからない程度だが、コントラスト比が向上し、書き換え速度も向上している。この性能は10年後の製品と比べると、かなり劣った物なのだろうが、現時点で文字を読むのに不都合はない性能は備えている。

なにより、Kindleで購入できる電子書籍が順調に増えているのが素晴らしい。
Kindle 3で多言語対応したので、英語圏以外の様々な言語で多様な電子書籍が入手できるようになるのだろう。
日本語対応は当分遅れるのだろうが、それまで使うPDFリーダーとしてみても過去最高のデバイスといえるだろう。

Kindle 3 のレビュー記事

Amazon.comはKindle 3の販売に先立ち、いくつかのTech系サイトにKindle 3を貸し出していたようで、そのレビューがいくつか出ている。

PC Magazine
Fast Company
Wired
CNET
PC Wolrd
ZDNet
Kindle Nation Daily
CrunchGear

これらの情報によると、改良されたディスプレイも、WebKitベースのブラウザも、Amazon.com純正カバーもおおむね好評のようだ。

日本人や英語圏以外の人が気になる各言語の対応だが、これらのレビューでは一切触れられていなかった。
CNETのレビューは動画付なので、Kindleのような電子インクデバイスを見たことない人も新型機の表示がどんなものか理解しやすいだろう。

ということで、日本語がどんな感じなのかは、発売されて日本に届くまでお預けと言うことになるのだろうか。