タグ別アーカイブ: テレビ

17,000円の22型テレビを悩んで買うの止めた

いろいろと必要な物があるが、テレビもその中の1つ。
現在、主に使用しているテレビのうち1つは、2005年製の20型くらいの液晶テレビで、これが液漏れその他でしょぼいので、前から買い換えたかった。

2012年3月末現在、大手メーカー製の22型液晶テレビで最も安いのが、17,000円くらい(ソニーという一昔前の大手メーカー製のKDL-22CX400でポイント含みの実質価格)の物だった。
2012年4月以降これがどうなるのかさっぱりわからないが、たぶん安い20型前後は2万円前後で落ち着くのだろうが、17,000円という価格でこれからも買えるかどうかはわからない。すくなくとも、東芝の低価格シリーズ、B3(22B3)に比べて2,000円くらい安かった。あえて欠点があるとすれば、ソニー製の方は東芝品より、なぜか2kgほど重いというどうでもいい点も若干気になった。

HDMI端子はどちらも2つで大して役には立たないし、D端子が基本のWiiと初代Xbox 360の同時接続もこれでは難しい。
その辺は別のモニターに接続すればいいが、この20型前後のテレビというのはあくまでも、映画などを見ているときのサブモニターであって、メインモニターでは無いので、そのもの自体はどうでもいい。
はっきり言えば、普通に映れば何でもいい。

ということで、本当に欲しいのは40型前後のメインに使うモニターで、価格をチェックすると、東芝の37Z3が6万円弱、42Z3が7万円前後という価格設定であり、これなら42型にするでしょというレベルになる。
グローバル価格と比べても、まあいいかなレベルにはなっているので、その辺も問題は無い。

そこで、仮に42型と22型の2つを購入すると、9万円前後になり、もろもろの接続問題も解消し、サブとしてのモニターも問題なく使える。今のところ、これが理想ではあるし買えない値段では無いが、さらによく考えてみた。

今のところ、モニターには不自由しているわけではなく、2つ買うのはともかく、17,000円のテレビすらも買う必要が無い。
買うと、新しくなって多少便利になって気分がよくなるくらい。

壊れたとかなら、すぐにでも買うのだが、液漏れその他はある物の、とりあえず現時点で使えているし、困っていないので買うのを止めた。
というようなことを、家電量販店で30分くらい考えていた。

字幕埋め込み韓流ドラマ

韓流ブームを嫌っている人もいるようだが、これが好きな人もいて、はっきり言って好きか嫌いかなど個人の好みであってどうでもいい。
嫌いな人向けに何らかのコンテンツを提供するのは難しい。何が好きなのかわからないから。
韓国関係が好きな人には、韓国から買ってきたドラマだとかを放送したりするだけなので簡単に対応できる。

そんなドラマをいくつかみてみると、どのような方が好んで視聴しているコンテンツなのかがわかる。

日本で放送するコンテンツは基本的に日本語で提供される。これはハリウッド映画や韓流ドラマなど言語を問わない。しかし、韓流ドラマブームに乗っている人は、好きな俳優の音声を聞きたいがために韓国語での放送を好むようだ。

当然、日本のテレビ局は韓国語ではなく、日本語吹き替え版を主音声にして、副音声で韓国語という放送をしている。すると、音声の切り替えという機能、音声多重放送という物を知っている人が、韓国語にすると何を言っているかわからないという苦情を言ってくるのだろう、日本語字幕を入れることを要望してくると思われる。
現在はデジタル放送で、字幕の入り切りはもちろん、複数言語の字幕を入れ、それを視聴者自身で切り替える事が出来る。もしも、音声は韓国語、字幕は日本語が好みなら、自分でそのような設定にすればいいだけだが、これができない・知らない人が多いのだろう。
日本語による放送なのに、日本語の字幕が埋め込まれた状態で放送されるものがいくつかある。この埋め込みは、もとの画像に文字が画像として埋め込まれているので、外したり変更する事が出来ない。

デジタル放送で字幕込みで録画するのは少々面倒な設定が必要になる物もあるが、これもできないことではない。

つまり、現在の韓流ブームに乗っているのは、この手の操作ができないような人たちに向けたコンテンツというわけだ。
この人たちのほとんどは主婦、家事手伝いなどで昼間に時間がある方で、テレビ放送を見る事が重要な娯楽となっている人たち。

決まった属性の人たちが、あるジャンルの番組を見てくれるなら、これに向けた広告も売りやすくなり、放送したくなるのは当然だ。多分番組を買ってくる費用もオリジナル番組を作るより安いのだろうし、オリジナル番組がみてもらえる訳ではない。

テレビ局としては、手軽に結果を出せるお手軽コンテンツを放送したがるのは当然のこと。
見たくない人はみなければいいだけのことでもある。

テレビを視聴する必要をなくす方法

テレビ放送を観ることが癖になっている方も多い。
なにしろ、テレビ放送は電源を入れて、チャンネルさえ設定していれば簡単にそこそこおもしろいコンテンツが映像と音で体験できるのだから。こんなにお手軽な娯楽手段は他にほとんど無い。

問題は、そのコンテンツの中身がほとんど無いものも多いと言うことだ。
だが、一般的にニュースは現代人には基礎知識として必須と言うことになっているし、教養番組などは、他の媒体では知ることが出来ない知識が得られる手段でもあるので、テレビ放送自体は不要な物ではない。
もちろん、お笑い番組などのエンターテイメントで楽しむのも現代生活では欠かすことが出来ないのかもしれない。

しかし、お手軽すぎるが故に、時間をとられすぎるという問題がある。
電気とアンテナの配線さえしっかりしてあれば、手元にあるボタンを押すだけでお手軽に表示できるのだから、だれもがこのボタンを押したがるのも仕方のないことだ。

テレビに時間をとられすぎだと考えている方は、このボタンを押すのをやめてみよう。
やってみるとたいしたことはない。単にテレビを観なくなるだけで、実害はほとんど無いことがわかる。
もしも貴重なテレビコンテンツであるニュースを動画でチェックしたかったら、YouTubeにある国内ニュースなどから自分が欠かせないと思うジャンルのニュースを見るだけでいい。

欠かさずに観ていた番組なども、数回観るのをやめてみれば、取り立てて自分にとって重要ではなかったとも思えてくるかもしれない。それでも週に欠かすことの出来ない番組がいくつかあるのなら、リアルタイムに視聴するのではなく、HDDレコーダーに録画して後で視聴するのがいいだろう。さらに、HDD容量がいっぱいになって、録画できなくなるまで待ってみるのもいいかもしれない。
そこまで多くの番組を視聴しなければならなくなると、みたいと思っていた物でも苦痛になるかもしれない。

また、テレビに関する情報を得ないことも重要だ。
各種広告、テレビコンテンツ内の他の番組の宣伝など、テレビ好きな方からの話など、世の中には誘惑が多い。様々なテレビコンテンツ情報は氾濫しているが、放送している内容を知らなければ、見逃したとか、観れなくてがっかりと言うことが無くなる。
なにしろ、知らないのだから、それがどうしたという話である。

それでも、観たらおもしろい番組を見逃すのは損と考える人は多いと思う。
例えば、イタリアでやっている大人気のおもしろい番組(そんなのがあるのか知らない)をほぼすべての日本人は観ていないが、それでも損したか思うことは全くない。
何しろ、そんな番組の内容を一切知らないのだから。それと同じ状態に自分からしてしまえばいい。

もちろん、映像コンテンツとしておもしろい物、貴重な物もテレビ放送で流されるが、それをすべて否定する必要はないが、テレビ放送を慌ててみる必要はない。
どうせ後でDVDやBlu-ray、ネット配信などで視聴できるのだから、テレビ放送をリアルタイムで視聴する必要はない。