タグ別アーカイブ: ラスベガス

ラスベガスのCESやNABとかの展示会へお得に行く方法

ラスベガスで毎年1月にCES、4月にNABが行われます。
他にもどっかの会社のプライベートカンファレンスが行われたりもします。

問題はどうやってラスベガスに行くか、いかに旅費を節約して現地で無駄な行動をしないか、さらに意味のある海外出張にするかといったことが課題だと思います。

旅行自体は旅行代理店に手配してもらうのがいいんですが、自分で手配しなければならないときはどうするかが難しいところです。

特に、飛行機が混雑していて、ロサンゼルスとかサンフランシスコ経由にならなかった場合は、移動時間が無駄すぎるので、別の経路にした方がいいと思います。
具体的には、乗り継ぎ便を別途手配するとか、いろいろあるわけです。

さらなる問題はどこに宿泊するかという点ですね。
展示会は普通、ストリップという一番派手で有名な地域で行われると思いますが、コンベンションセンターにはどうやって行くんだという問題もあります。

この辺まで旅行代理店は普通に利用されるホテルを手配してくれるでしょう。
でも、展示会用に適した物だとどうでしょうか。その状況が分からないと、何が適切かがわかりません。

現地の移動手段はモノレールがありますし、タクシーもあります。
展示会開催時には主要ホテルを結ぶシャトルバスもあります。

なら、移動は何でも安心かというとそうでもなく、タクシーやシャトルバスは乗るまでの待ち時間、渋滞で異様に時間がかかります。
モノレールも場合によっては駅に入るまでの長い行列があったりします。

ホテルは異様に高騰することもあります。
お得に宿泊するにはストリップをあえて外すというプランもあります。

さらに、展示会は10時くらいから5時くらいまでの展示会場では終わりません。
早朝は何かのミーティング、夜はパーティーとか目白押しなのですが、何も知らないで行くと、その辺の存在も知らず、参加することはほぼ不可能でしょう。

この辺のある程度通わないと分からない情報をまとめた本の2017年版を出版しました。
Amazonで販売中です。
ラスベガスの巨大展示会に行こう 2017

2012年から2013年にかけて出したのが第1弾だとすると、今回出した2017年版は第2弾的ですが、版数だと5版になります。

ラスベガスの巨大展示会に行こう 2017
ラスベガスの巨大展示会に行こう 2017

初めてのロングストレッチリムジン体験

ロングストレッチのリムジンとは、前や後ろから見ると普通の車なのに、横から見ると妙に長い車のこと。
リムジンというのは要するに高いタクシー。

リムジンはリモなどと言ったりするが、アルファベットで書くとlimousineになり、リムジンの初め4文字limoだけを読むとリモのため、リモと言う。

英語のスペルはlong stretch limousineである。

リムジン自体は乗ったことあるが、ロングストレッチのリムジンになると複数人で用事でも無ければ乗る用事は無い。
そんなロングストレッチのリムジンを短時間ながら乗ることができた。
なかなか楽しい体験だった。

ラスベガスで行われる家電ショーCESのキーノート(基調講演)は数千人が出席する。
このキーノートが終わると、数千人がどこかへ移動するが、多くの人が、CESの展示会場へ行こうとする。
展示会場へのルートは、シャトルバスが基本となるが、自分の車、タクシー、モノレールなどを利用する方もいる。

私の場合、シャトルバスは混んでいるので、前日に行われたパナソニックのキーノートの後、モノレールで移動しようとした。
ベネチアンの隣の、ハラスとザ・クアッド(旧名はIP)の駅に10分ほど歩いて行くのだが、そこでモノレールの駅に入るまで30分以上の行列になってしまった。

そこで、翌日のサムスンのキーノートでは歩いて会場に行こうと思った。歩くと15分から20分かかるが、どうせ何十分も待つなら歩いても大差ないだろうと思ったからだ。

歩いて行くには、ベネチアンに併設される展示会場サンズ前のタクシー乗り場を通ると近いが、そのタクシー乗り場も長蛇の列になっていた。

First long stretch Limo

そこを通り過ぎようとすると、あるリモドライバーがなんか言っている。
「CES会場に戻る人、私のリモに乗せてやるよ。1人10ドルで先着15人だよ。」
と、10ドルというのは微妙な金額だが15分以上歩いて疲れるのと、ロングストレッチのリモに乗るという初体験はおもしろそうなので、15人に入るように走ってそのリモに乗った。

First long stretch Limo

SUVのロングとはいえ、店員の15人も乗っていると狭い。
乗り心地は単なる車だが、さすがにリモなだけあり、イメージ通りに、氷に入れたビールが用意されていたりしたが、今回は誰もそれを手にしなかった。

乗車時間は10分ほどで、短時間だったが、なかなかおもしろい体験だった。

運転手にとっては、15人から10ドルずつで150ドルを10分ほどで稼いだわけで、なかなかいい商売だ。
そんなことも許されるのはさすがアメリカである。

First long stretch Limo

ラスベガスの展示会用旅行ガイドをキンドルで出版しました

ITライフハックにおいて2011年12月頃に世界最大の家電ショーCESの歩き方について解説した記事を書きました。

トレンドがわかる世界最大の家電ショー!CESの歩き方を伝授
ベガスへは西海岸からLCCで!CESへのお得な航空券の取り方
ベガスで泊まるならダウンタウン!コストを抑えてCESで情報収集
夜はパーティーで情報収集!関連イベントも盛り沢山のCES
ベガスの移動はモノレールとバス!コストを押さえたCESの移動手段
データ通信が難しくなる展示会 CESの通信手段はこうしろ
CES名物大行列!なんでも行列の展示会

その記事をほとんど原型が残らないほど大幅に加筆修正(内容は約2倍)したものをAmazon Kindle ダイレクト・パブリッシング(KDP)により出版しました。

ダイレクト・パブリッシングを使ったのは初めてですし、電子書籍のフォーマットを作成したのも初めてで、いろいろと不都合もあるようです。
2012年内のアップデートを考えていましたが、売れなさすぎたのでアップデートが遅れ5月27日になってしまいましたが、多少修正しました。
その後も情報を修正・追加していき、2014年版を新たに出版しようと思いましたが、2013年末にアップデートして2014年版にしたいと思います。

さらに、ダイレクト・パブリッシング自体がやっていて楽しいようなら別のテーマの電子書籍も提供していきたいと思います。

こうして自分で執筆、編集などすべて行った物がAmazonに並んでいるのは感動ですね。

価格は印税率が高い70%で最低金額の250円にしました。
CESやNAB Showなどに初めて行く方や、まだ慣れていない方は十分納得できる情報なので、納得できる金額かと思います。

Kindleをお持ちの方、スマートフォンやタブレット、PCなどでもこの本は購入できるので一般の観光ガイドに書かれていない情報を得たい方におすすめです。

2013 International CES ラスベガスへの航空券研究

2013年1月初旬のアメリカ行き特にロスアンゼルス行きのチケットは高騰している。
なぜかは知らないが、空きも少ないので利用者が多いため高くなっているようだ。

2012年12月3日に航空券の価格を調べてみた。

CESへ行く方へ朗報なのが、成田-ラスベガスの直行便が運行されること。
デルタ航空(Delta)の、1月7日成田発DL8780と、復路の1月12日ラスベガス発DL8783だ。

日程はこれに限られてしまうが直行便というのは便利でいいだろう。
エコノミーで450,810円とでている。

デルタで同じ日程で安いのを探すとシアトル経由で往路が合計22時間3分、復路がポートランド経由で合計26時間10分。これで170,820円
復路をデトロイト経由にすると合計23時間10分になり、177,020円。

帰りを11日発にすると、往路シアトル経由同じ、復路はミネアポリス経由で23時間5分で184,320円。

ユナイテッド航空(United)で7日発12日帰り。
往路は成田からサンフランシスコ、パームスプリングスと経由して合計16時間33分、復路はサンフランシスコ経由で合計26時間26分。これで222,330円。

面倒なので、Skyscannerで7日発、12日帰りという日程を調べると。
デルタのサイトで出てこなかった2回乗り継ぎで151,292円というのが出てきた。往路、ホノルル、ロス、復路ポートランド。

2013年はやっぱり高いね。

ちなみに、東京、LAX間の安いのを上と同じ日程で探すと。
デルタがホノルル経由で127,320円とか、直行便が19万円からとかどうなってんだ状態。

行く人は大変だね。

2012 International CESの通し航空チケット研究 2011年11月中旬版

今回の会期は2012年1月10日から13日。関東地方発でやってみる。

現地に月曜日の9日着、12日発で正味2日間はいる計算でやってみる。

United 157,000円也
NHD-LAX-LAS
NHD 9日 12:05 am 発 UA9720 (All Nippon)
LAX 8日 4:44 pm 着 8:00 pm 発 United 655
LAS 8日 9:00 pm 着
All Nipponなので、LAXでの乗り継ぎが3時間で間に合うのか疑問。(LAXは入国審査と税関で2時間かかるのもザラ)

LAS-SFO-NRT
LAS 12日 6:00 am 発 United 728
SFO 12日 7:40 am 着 11:10 am 発 United 6989 (All Nippon)
NRT 13日 3:25 pm 着
羽田発だったのになぜか成田着。LASには4amについていることを考えると、現地発は3:30amとか。

余裕を持って前日着で計算すると。同料金で
NHD-LAX-LAS
NHD 8日 12:05 am 発 UA9720 (All Nippon)
LAX 7日 4:44 pm 着 10:58 pm 発 United 655
LAS 8日 12:09 am 着

というわけのわからいのが出てきた。
合計185,000円也のにすると。

NRT-SFO-LAS
NRT 8日 4:55 pm 発 UA838
SFO 8日 8:58 am 着 10:30 am 発 United 562
LAS 8日 12:08 pm 着

というのが出てきた。
昼に到着はスケジュール的に都合いいと思われるので、9日の昼到着を調べてみると。
その日は飛んでいるのかどうかわからないが、すでに予約とれない。
ということで、Unitedの9日昼頃到着はすでにあきらめるしか無い状態。

Deltaで調べると、NHD発LAX経由、LAXで10時間待ちとかが出てくるので、その辺を無視してちょうどいいのを調べると、トータル177,500円也でちょうどいいのがあった。

NRT-LAX-LAS
NRT 9日 3:40 pm 発 DL284
LAX 9日 8:45 am 着 10:30 am 発 DL4817
LAS 9日 11:42 am 着
LAXでの乗り継ぎが2時間しか無いが、DeltaなのでTBITを使わないだろうから間に合うもしくはDeltaが何とかするとしてまあまあのルートではある。
ちなみにこれで帰りを選ぶと、

LAS-LAX-NRT
LAS 12日 8:45 am 発 DL4818
LAX 12日 9:55 am 着 11:35 am 発 United 6989 (All Nippon)
NRT 13日 4:40 pm 着
となる。
ちなみに、DeltaのLAS行き、発はSkyWestのCRJ900なんかを使うようなので、小さめの飛行機が怖い人には向かない。

American Airlinesの場合
NRT 9日 3:55 pm 発 AA170
LAX 9日 8:30 am 着 10:10 am 発 AA1024 MD80使用
LAS 9日 11:20 am 着
これも乗り継ぎ時間が短いがTBITを使わなければなんとかなるのだろう。
帰りは
LAS-LAX-NRT
LAS 12日 6:40 am 発 AA1075
LAX 12日 7:50 am 着 10:55 am 発 AA169
NRT 13日 3:50 pm 着
というのがある。料金は全部込み166,500円也

ちなみにExpediaで調べたところインチョン経由で大韓航空を使って11.3万円というのが出てきた。そしてそれをクリックするともう選べない状態。たまたま出てきたとはいえ、インチョン経由というのも見逃せない選択肢のようだ。
ちなみにExpediaではAmericanで13万円台になっている。