タグ別アーカイブ: レンタカー

アメリカ旅行でUberが便利すぎてレンタカー不要の時代到来

US-highway

先日(2016年9月)、アメリカ旅行に行ったところ、今までは必須だったレンタカーが不要になっていて、世の中が変わっていることがよくわかりました。
Uberが便利すぎるからですが、それ以外のサービス含め様々なサービスが登場しており、このまま自動運転へ向けてアメリカは変わっていくんだと思います。

9月に行ったサンフランシスコ・シリコンバレーへの旅の準備段階

初めから使わないで何とかしようと思ってましたが、実際に使わなくても取り立てて問題なかったのが驚きです。
今までなら絶対にレンタカーを借りていて、無かったら現地でどうするんだよという状態でしたが。

バスを使ったら一応問題なく利用出来た
バスに便利に乗るようにするための準備はそれなりに時間かかったけど。

Uberが便利すぎる
Lyftも含めてだけど、呼んだらすぐ来てお金その他の面倒なやりとり不要でタクシーより安いのが便利すぎる。ワナもあるけど。

短時間車を利用出来るカーシェアもある
Zipcarというアメリカのカーシェアリングの会員になったけど、外国人が会員になるハードルが高くておすすめできないけど。

丸一日車を使わない限りレンタカー不要
後は長距離移動が頻繁にあるとかじゃなければもうレンタカーは不要な時代到来。
もちろんコストと利便性含め、車を借りるより安いということ。

レンタカー不要になる条件

レンタカーが不要になると言っても、アメリカの全地域でそうなわけではなく、

  • Uberとかがうじゃうじゃ走っている
  • バスとか鉄道とかもそれなりに利用出来る
  • 長距離移動がそれほど多くない

というような条件がそろっている所に限られます。あと、現地でスマートフォンが使える必要もあり。

例えばニューヨーク、サンフランシスコあたりがそれに当たります。
アメリカでもこの地域は以前からレンタカーは不要でしたが、その周辺地域、例えばシリコンバレーもそうなっています。
ニューヨークならマンハッタンの周辺とか、ニュージャージーなんかもそうなっているのかと思います。
多分シカゴとか、日本人が良く行くような都会のアメリカならどこも似たような感じだと思います。

ロサンゼルスはバカ広く、日本人が思っているロサンゼルスの範囲は関東平野くらいあります。
このため、1日の移動範囲がどうなのかにもよりますが、一般的なサンタモニカからハリウッド、ダウンタウン周辺の移動だけならレンタカーは不要です。ロングビーチとかの方面にも行くなら微妙です。

ラスベガスもそれに近いですが、タクシー業界の関係かUberの利用が微妙みたいです。
そもそもラスベガスはレンタカーを利用しても、ホテルの駐車場から出るのに部屋から駐車場まで15分、車が駐車場内で渋滞(駐車場内での渋滞というのが存在するのです)してたら出るまで15分、外に出るまで30分かかったりするので、レンタカーも微妙なのですが。

Uberのワナ
Uber、とくにUber XやUber Poolはタクシーより安いのですが、ピーク時は数倍に跳ね上がります。
1.5倍くらいならいい方で、ひどいと3倍とか4倍になるみたいです。
何でもかんでもUberを使おうとすると時間帯によっては大変なことになります。

この後に来ること

まずは車のライドシェア
UberとかLyftの業務でのライドシェアじゃなくて、通勤とかでその辺の人を乗せてあげるライドシェアです。Waze Carpoolとか、Scoopなんかがそれです。

これで、小規模で細かな単位でのマッチングを学習させ、自動運転につなげていきます。
自動運転では1人で乗るのではなく、マッチングさせて複数人乗車が普通になると思います。その方が安いから。Uber Poolでの安さを知ったらこれでいいやという人が増えるでしょう。

今までのようなでかいバスではなく、小さめの車で出発地と目的地がほぼ同じ物同士のライドシェアを効率化した方が利用者には便利でコスト面でもお得です。
人間の運転はそれまでの学習のベースになるでしょう。
車のライドシェアを使う人は、自動運転車も積極的に利用するでしょうから。

そして、自動運転で本格的に車を所有しなくなる時代が来ます。

自動運転車時代の到来

Teslaの状況を見る限り、自動運転車は2017年頃には公道を普通に走るようになっていると思います。
通勤需要なら、自家用車の自動運転での1人移動と、自動運転車で相乗り通勤の両方があります。当面はどちらも使われるのでしょうが、相乗り通勤が主流になるのではないでしょうか。渋滞問題が深刻なので。

この辺の自動運転へ向かう途中の現地の状況を知りたい方は、2016年9月の事情をまとめた本をご覧ください。

Unlimited対応なので会員は無料です。

続 アメリカの年末はレンタカーの料金が高い件

アメリカ特にLAXのレンタカーは年末が劇髙。少なくとも2014年末は。

LAXで仮に12月29日から1月2日まで借りると、

Midsizeで保険抜き諸々込みの最低料金で500ドル前後。これに保険を入れるとさらに高くなるが、1日100ドルってのは相当に高い。
他の都市だと半額くらいになるようだ。

12月29日から1月9日までにしてみると、700ドルから1100ドル程度。
ちなみに
1月2日から1月9日だと150ドルから200ドル前後。1日20ドル以下。
12月29日から1月2日は500ドル前後。1日100ドル前後。

とにかく12月末はバカ高い。少なくとも2014年のLAエリアでは。

ちなみに、LAから比較的近いLas Vegasは12月29日から1月2日で250ドル前後で半額くらい。
LAからVegasへDrop offするとこれに100ドルくらい別料金になって350ドルくらい。Las Vegasに飛んで、LAで返すという技を使うとトータル料金では微妙だな。

価格調査はすべてExpedia上

謎のアメリカレンタカー年末のぼったくり価格

謎のアメリカレンタカー年末のぼったくり価格

アメリカのレンタカーの価格を調べていた。

年末から年明けまで調べている内に、年末の予約でアメリカのサイトで車を借りるとだいぶ高くなることが判明。
12月1日に、12月15日(月)から18日(木)まで借りる場合をExpediaでみてみよう。

12-15kara

車種にもよるが10ドル程度からある。

1ヶ月後の、1月5日(月)から8日(木)まではどうだろうか。

1-5kara

25ドル程度からあり、数週間後にはさらに下がるかもしれない。

それでは、年末年始の12月29日(月)から1月1日(木)ではどうなるか。

12-29kara

75ドルからである。
ということで、年末にアメリカで車を借りるとびっくりするくらいの高価格になってしまう。

これがどれくらい高いかというと、アメリカのレンタカーの価格は、車のレンタル料金が10ドルから20ドル程度がすごく安くて、30ドル前後が普通のディスカウント価格。これに保険だなんだかんだが加わって、1日の総額が50ドルから80ドル程度になるのだ。

つまり、レンタカーの価格自体に加えて30から40ドル程度の上乗せになるので、1日当たり70ドルだった場合は1日のレンタル料金が100ドルを超える。

なんてこった

アメリカでの車あるある – 一般の日本人が知らないあんな事

アメリカに旅行に行き、レンタカーを運転すると、気づくことがある。
ウインカーを使わない車が多い点。
ところで、ウインカーは英語では「turn signal」などと言う和製英語ではあるので注意しよう。

どう使わないかというと、交差点を曲がるとき、車線変更の時なんかで使わない。
じゃあ、いつ使うのかというと、一気に5車線くらい変更するときとか、普通は曲がらない交差点で曲がるときとか、運転者が危ないなと思うようなときだけ。
これは地域差があって、地域によっては使う人が多いところあるので、アメリカ全土でこうなわけでは無いし、頻繁に使う人もいる。

法律がどうなっているのかはよく知らない。

また、日本語で言うところのサイドブレーキはオートマ車では使わない。
このサイドブレーキも基本は和製英語で、英語では「parking brake」と言うのが一般的。

駐車場などで車を止めるときは、オートマのギアをParkingのところに入れるだけ。
サイドブレーキは普通の場所では使わない。よっぽどすごい坂道で止めるとかでもなければ使わないが、坂道では縦に駐車できるようになってたりするのでその必要も無かったり。

寒冷地などでは事情が異なることもあるらしいが、普通は使わない。

アメリカでのレンタカーの車種と選び方

アメリカでレンタカーを借りる場合、レンタカー会社選びと車種選びが非常に重要だ。
レンタカー会社選びでは大手の方が各種サービスが期待できるが、超大手のHertz、それに続くのがAVIS、Budget、Doller、Enterpriseなど大手と言われるようなところだけでも10近くあり、どれを選んでも大差ない。慣れない日本人の場合は超大手のHertzにしておくのが無難だろうか。

Hertzの場合、超大手過ぎてLAなどの規模がでかすぎるが、それは特殊だと思った方がいいだろう。

レンタカー会社選びに次いで重要なのが車種選びだ。
車種選びと言っても、車文化の発達したアメリカでは日本とは車種の感覚が違うので注意が必要だ。
アメリカの場合、いわゆるアメ車、昔のアメリカ車会社のでかい普通車が標準サイズで、それを基準としたサイズとなっている。

つまり、フルサイズカーと表示されているのはアメ車でシボレー・インパラやダッジ・チャージャーなどになる。
これより小さい、日本で普通車などと呼ばれているのがスタンダードカー、ミッドサイズカーなどがある。これはトヨタのカローラなど日本で普通に走っている車だ。日本人なら、このあたりを基準に車種選びをすればいいだろう。

さらに小さいのが、コンパクトカーやエコノミーカーもある。これはトヨタのビッツなど小型車となる。このあたりはハイウェイで80マイル(時速130キロ)出す車としては心細い。通常ハイウェイの制限速度は70マイル(110キロ)程度だが、場所によっては80マイルで流れているので長距離運転は向いていない。
こんな状況なので日本の軽自動車のような頼りない車はアメリカには無い。

さらに、ラグジュアリーカーとして、キャデラックなどがある。この手の車に乗ってみたい方にはちょうどいいだろう。

SUVという車の種類がある。一昔前まで日本でRVなどと呼ばれていた物だが、通常SUV(Sports Utility Vehicle)と呼ばれる。
日本で一般的なサイズのSUVはミッドサイズSUVだ。フルサイズSUVは荷物が多く大勢で乗るとき以外は必要では無いだろう。
SUVは乗車位置が高く、車自体も丈夫そうで安心感があるので、初めてアメリカで運転する車としては悪くない。