タグ別アーカイブ: 広告

YouTubeで公式ブランドチャンネルを作る方法

YouTubeでチャンネルを作るというのは、YouTubeのアカウントを作れば誰でも可能だ。これを公式にするには、「このチャンネルは公式です」と自分で主張すればいいだけだ。

しかし、一般的にYouTubeの公式のチャンネルと言えば、チャンネルトップにバナーなどが表示された特別なチャンネルのことを言っているらしい。
これをやるには、YouTubeパートナーという質の高い動画を投稿しているアカウントにのみに許された特別なアカウントとして認めてもらえば可能だ。しかし、いきなりアカウントを作ってもこのパートナーになることは出来ない。

一般的に大企業などが実績の無いYouTubeで公式チャンネルを作る場合、Googleやその代理店に直接YouTubeで広告を展開したいと申し出るか(広告代理店から提案を受けて)、特別待遇してもらっているようだ。
つまり、大金を払う広告主にはGoogle(YouTube)も特別待遇すると言うことだ。

この一連の内容を相談したいが、どこに相談したいかわからないという方も多いようだが、Googleの広告サービスであるGoogle AdWordsには電話相談窓口も用意されている。

ちなみに、AdSenseと勘違いしている方も多いようだが、Google(YouTube)に広告を出稿するサービスはAdWordsというサービスである。AdSenseは自分のサイトなどに広告を掲載してもらうサービスだ。

YouTubeで公式ブランドチャンネルを作ると言うことは、動画を使って何らかのキャンペーンを展開したいと言うことだろう。このためには動画を作る必要があるし、それなりに動画作成に費用もかかるし、広告などプロモーションするには費用がかかるに決まっている。

無料でやろうと思っている勘違いな方も多いようだが、一般ユーザーと同じ土俵でYouTubeでアカウントを作って地道にやるなら当然ながら費用はかからない。

ちなみに、この手の情報はGoogleから公開された物では無く、筆者の予想にすぎない。

YouTubeで広告を拒否されたビデオ

線路内立ち入りして、それを救助している模様を撮影したが、YouTubeの広告をリジェクトされた。

Video not approved for revenue sharing
Unfortunately we are unable to approve your claim for revenue sharing of the video

YouTubeのパートナープログラムに登録していると広告を掲載して収益化できるが、このビデオも広告を申し込んだが、2日後に上のようなメッセージのメールが届いた。

広告は掲載できなくなり、異論も言えない。再生は出来る。
なぜそうなったのかも連絡はない。プライバシーなら、上のビデオのように顔はモザイクをかけているので問題ないはず。

要するに、YouTubeでそれを判断する人(もしくは機械)が絶対ということだ。
ということで、該当ビデオはYouTubeから削除した。

iPhoneテーマに広告を入れてみた

iPhone 広告

iPhone 広告

iPhone 横広告

iPhone 横広告

Google Adsenseをみると、新しい高性能デバイスという表示があった。
どうやらiPhone広告などにもしっかりと対応したらしいので、使ってみようと思い、WordPressのiPhoneテーマとして使っているWPtouchをみてみる。

すると、ここにGoogle Adsense用のコードを貼り付ける欄が出来ていた。
ここに今までのコードを入れればいいかどうかわからないが、Adsenseで新しく作ったiPhoneとか用のコードを入れてみた。

すると、上記画像のように表示された。
はっきり言って、文字と重なって読みづらいが、とりあえずこの広告にどんな効果ががるのかしばらく貼り付けてみよう。