タグ別アーカイブ: 筆記体

英語の筆記体なんか実際に使っているのは老人だけ説

英語の筆記体は1980年台前半くらいまでは、日本の英語教育で使うのが一般的だったようだが、それ以降は学校によって違うとか、筆記体を教えるのは止めたとかいろいろな情報がある。

そもそも、英語圏で筆記体を普段使っている人がどれだけいるのでしょうか。
普段目にする範囲で筆記体で文字を書いている人というのはほとんどいないような。

Robert N. Noyce Notebooks
https://flic.kr/p/BkN75Q

博物館で50年前に書いた人のノートなんかを見ると、それは綺麗な筆記体(だいぶ読みづらいけど)で書かれていますが、現時点でこんな綺麗に筆記体で文字を書いている人なんかいるのでしょうか。

img_9727

そもそもちょっとしたメモ以外に手書き文字自体を滅多に見ることが無く、そのちょっとしたメモもブロック体で書いた物しか記憶にない。

全英語圏で、英語圏サイン以外に使っている人はいるのだろうか。

映画 BROTHERと筆記体問題

北野武の映画BROTHER(2001)で25分くらいに出てくるホテルのメイドからの手紙。
今時、誰も使っていないとうわさの達筆な筆記体で書かれている。

You shouldn’t spend money like this. Five dollars is enough.
P.S. You really should stop smoking.

この後に、弟役の真木蔵人が読んでいるけど、タバコの部分はなぜか読んでない。
筆記体で書いてあるけど、今時あんな筆記体で書くのはおばあちゃんくらいかな。映画公開の2001年ですら。

ただ、1970年代のアメリカ人のノートとか見ると、ものすごく綺麗に書いている人がいてびっくりする。