タグ別アーカイブ: 香港

香港でプリペイドSIMカードを入手して中国大陸でも使う

hong kong csl prepaid

香港でスマートフォンを使うには現地でプリペイドSIMカードを利用するのがお得です。
例えばドコモの1dayパスの場合、1日980円で30MBまで通常の速度で利用出来ます。

プリペイドSIMカードの場合1500円程度で数日使用可能です。

香港ではプリペイドSIMの使用がお得

例えばcsl(香港移動通訊)のDiscover Hong Kong Tourist SIM Cardの場合、5日(1.5GB)は$88、8日(5GB)は$118です。
1香港ドルは14円程度(2017年)なので、5日間使用出来るプランは1232円程度です。

1日30MBは地図を見たり、ちょっと画像を送受信しただけで使い切ってしまうので、プリペイドSIMを使うのがお得です。
少なくとも2日以上使うなら、プリペイドSIMの方が数日間は支払った金額しかかからないのでお得です。

香港からマカオ、中国大陸で使う

香港のプリペイドSIMはマカオ、中国大陸などへのローミングにも対応しています。Discover Hong Kong Tourist SIM Cardの場合は、1日$40でローミング可能です。
(2017年6月現在1日40MBと書いてあるが100MBになったらしい)

$40は560円程度です。

これ以外には5-day APAC Roaming Prepaid SIM Cardもあります。
$198で5日間500MBローミングで、マカオ、中国、台湾、韓国、日本、マレーシア、タイ、シンガポールで利用出来るプリペイドSIMカードです。

短期間に各国を移動するならお得なSIMカードとと言えます。

他にもSIMカードの種類はいくつかあり通信事業者も複数あるので、自分に合った物を選んでみてください。
購入場所はAmazon.co.jpでもいいですが、到着した香港の空港が手っ取り早いと思います。

中国でGoogleのサービスを使う

中国大陸のインターネットは金盾という中国政府の規制により、一部のサービスが利用出来ません。
これを回避する方法はいくつかあり、VPNを使う方法とローミングで使う方法があります。

設定が簡単で確実なのがローミングの方法で、香港のSIMカードからのローミングを使えばそのままGoogle、Twitter、Facebook等を利用出来ます。

ピーチの朝発の国際線に東京から乗るには

ピーチに乗ってどこかへ行くということは、なるべく交通費を抑えたいと言うこと。
東京から大阪になるべく安く行く常套手段は夜行バス。

例えば、ピーチで関空から香港に行くと、安いときで往復2万円で行ける。
一方で、夜行バスで東京、関西を往復すると1万円前後から。
距離や搭乗時間はともかく、LCCの最も安い便を考えると、東京から関西までの往復運賃はかなり割高なような気がしてくる。
成田から香港までで3万円くらいのがあれば、そっちの方が安いが、ほとんどないので(Hong Kong Expressなどを除く)、夜行バスなんかの料金を払っても関空発のピーチはそれなりにお得だ。

例えば、WILLER EXPRESS 新宿発、梅田行は5,800円。
朝6時頃着。

関空へのバスは
6時過ぎに新阪急ホテルから関西空港第1ターミナル行きで、7時10分頃着。

ピーチは出発の50分前までに手続きする必要があるので、8時発がギリギリ。

ということは、7:50発の台北(桃園)、ソウル(仁川)は間に合わない。

これより速く関空に到着するには梅田あたりに5:30くらいについているバスが必要。大阪に最も速く到着する便は毎日異なる物の、5:30の桃山台駅着が最も速いようだ。
ということは、8時発がギリギリと考えて間違いない。

つまり、台北、ソウルに東京から深夜バスで関空発の朝便で行くのは不可能。
唯一、香港便が8:30発なので、これなら間に合うが、バスが遅れたりすると致命傷。

まとめ
深夜バスで東京からピーチを使って安く行くには、香港便なら行けないことはないが、かなり厳しい。
前日泊がおすすめ。もしくは、成田とか羽田発の安いを探すのが吉。