タグ別アーカイブ: CES

ラスベガスのCESやNABとかの展示会へお得に行く方法

ラスベガスで毎年1月にCES、4月にNABが行われます。
他にもどっかの会社のプライベートカンファレンスが行われたりもします。

問題はどうやってラスベガスに行くか、いかに旅費を節約して現地で無駄な行動をしないか、さらに意味のある海外出張にするかといったことが課題だと思います。

旅行自体は旅行代理店に手配してもらうのがいいんですが、自分で手配しなければならないときはどうするかが難しいところです。

特に、飛行機が混雑していて、ロサンゼルスとかサンフランシスコ経由にならなかった場合は、移動時間が無駄すぎるので、別の経路にした方がいいと思います。
具体的には、乗り継ぎ便を別途手配するとか、いろいろあるわけです。

さらなる問題はどこに宿泊するかという点ですね。
展示会は普通、ストリップという一番派手で有名な地域で行われると思いますが、コンベンションセンターにはどうやって行くんだという問題もあります。

この辺まで旅行代理店は普通に利用されるホテルを手配してくれるでしょう。
でも、展示会用に適した物だとどうでしょうか。その状況が分からないと、何が適切かがわかりません。

現地の移動手段はモノレールがありますし、タクシーもあります。
展示会開催時には主要ホテルを結ぶシャトルバスもあります。

なら、移動は何でも安心かというとそうでもなく、タクシーやシャトルバスは乗るまでの待ち時間、渋滞で異様に時間がかかります。
モノレールも場合によっては駅に入るまでの長い行列があったりします。

ホテルは異様に高騰することもあります。
お得に宿泊するにはストリップをあえて外すというプランもあります。

さらに、展示会は10時くらいから5時くらいまでの展示会場では終わりません。
早朝は何かのミーティング、夜はパーティーとか目白押しなのですが、何も知らないで行くと、その辺の存在も知らず、参加することはほぼ不可能でしょう。

この辺のある程度通わないと分からない情報をまとめた本の2017年版を出版しました。
Amazonで販売中です。
ラスベガスの巨大展示会に行こう 2017

2012年から2013年にかけて出したのが第1弾だとすると、今回出した2017年版は第2弾的ですが、版数だと5版になります。

ラスベガスの巨大展示会に行こう 2017
ラスベガスの巨大展示会に行こう 2017

ラスベガスの展示会用旅行ガイドをキンドルで出版しました

ITライフハックにおいて2011年12月頃に世界最大の家電ショーCESの歩き方について解説した記事を書きました。

トレンドがわかる世界最大の家電ショー!CESの歩き方を伝授
ベガスへは西海岸からLCCで!CESへのお得な航空券の取り方
ベガスで泊まるならダウンタウン!コストを抑えてCESで情報収集
夜はパーティーで情報収集!関連イベントも盛り沢山のCES
ベガスの移動はモノレールとバス!コストを押さえたCESの移動手段
データ通信が難しくなる展示会 CESの通信手段はこうしろ
CES名物大行列!なんでも行列の展示会

その記事をほとんど原型が残らないほど大幅に加筆修正(内容は約2倍)したものをAmazon Kindle ダイレクト・パブリッシング(KDP)により出版しました。

ダイレクト・パブリッシングを使ったのは初めてですし、電子書籍のフォーマットを作成したのも初めてで、いろいろと不都合もあるようです。
2012年内のアップデートを考えていましたが、売れなさすぎたのでアップデートが遅れ5月27日になってしまいましたが、多少修正しました。
その後も情報を修正・追加していき、2014年版を新たに出版しようと思いましたが、2013年末にアップデートして2014年版にしたいと思います。

さらに、ダイレクト・パブリッシング自体がやっていて楽しいようなら別のテーマの電子書籍も提供していきたいと思います。

こうして自分で執筆、編集などすべて行った物がAmazonに並んでいるのは感動ですね。

価格は印税率が高い70%で最低金額の250円にしました。
CESやNAB Showなどに初めて行く方や、まだ慣れていない方は十分納得できる情報なので、納得できる金額かと思います。

Kindleをお持ちの方、スマートフォンやタブレット、PCなどでもこの本は購入できるので一般の観光ガイドに書かれていない情報を得たい方におすすめです。

2013 International CES ラスベガスへの航空券研究

2013年1月初旬のアメリカ行き特にロスアンゼルス行きのチケットは高騰している。
なぜかは知らないが、空きも少ないので利用者が多いため高くなっているようだ。

2012年12月3日に航空券の価格を調べてみた。

CESへ行く方へ朗報なのが、成田-ラスベガスの直行便が運行されること。
デルタ航空(Delta)の、1月7日成田発DL8780と、復路の1月12日ラスベガス発DL8783だ。

日程はこれに限られてしまうが直行便というのは便利でいいだろう。
エコノミーで450,810円とでている。

デルタで同じ日程で安いのを探すとシアトル経由で往路が合計22時間3分、復路がポートランド経由で合計26時間10分。これで170,820円
復路をデトロイト経由にすると合計23時間10分になり、177,020円。

帰りを11日発にすると、往路シアトル経由同じ、復路はミネアポリス経由で23時間5分で184,320円。

ユナイテッド航空(United)で7日発12日帰り。
往路は成田からサンフランシスコ、パームスプリングスと経由して合計16時間33分、復路はサンフランシスコ経由で合計26時間26分。これで222,330円。

面倒なので、Skyscannerで7日発、12日帰りという日程を調べると。
デルタのサイトで出てこなかった2回乗り継ぎで151,292円というのが出てきた。往路、ホノルル、ロス、復路ポートランド。

2013年はやっぱり高いね。

ちなみに、東京、LAX間の安いのを上と同じ日程で探すと。
デルタがホノルル経由で127,320円とか、直行便が19万円からとかどうなってんだ状態。

行く人は大変だね。

CES(とかラスベガスの展示会)での車移動

CESの場合、通常ラスベガスのストリップ地区に滞在し、歩きかシャトルバスやモノレール、もしくはタクシーでLVCC(ラスベガスコンベンションセンター)やThe Venetian(ベネチアン)に移動するのが定番の移動方法だろう。

ここに、アメリカ式で車を取り入れると場合によっては便利に、場合によっては不便に使えるようになる。

通常、ラスベガスのホテルはストリップ地区も含め無料だが、コンベンションが行われる日のLVCC近くのホテルは有料になる。

Ces 2011 Parking lot

これを見てわかるように、LVCC(のサウスホール)に最も近いRenaissance Hotel(ルネッサンスホテル)や、LVCCのノースホールに比較的近いHiltonは30ドルという高額な駐車料金になる。
比較的近くにあるホテルのRiviera(リビエラ)なども、20ドルになったりするので注意が必要だ。
LVCCの近くになるべく安く駐車するならLVCC Gold Lotが10ドルとリーズナブル。

CES 2011 Parking

注意したいのがLVCCサウスホール前にある駐車場で、一見便利そうだが、こちらはハンディーキャップ専用の駐車場となっている。

ありがたいのがThe Venetianの駐車場で、こちらは各種カンファレンスが行われたり、プライベートブースなどが設置されたりするが、駐車料金は無料。
ここからLVCCへのシャトルバスは他のホテル行きに比べ比較的頻繁に出ている。The Venetianの駐車場にとりあえず車を止めて、LVCCへはシャトルバスで移動するというのもあり。

関連イベントなどが近隣のホテルで開催される場合、車移動は非常に便利。ラスベガスでの移動で例えばタクシーを使うと、いちいち遠いので、ホテル数個分移動するだけですぐに10ドル以上の料金となる。

また、モノレールで移動するなら、モノレールの料金は1回5ドルなどと、どこからでも同じなので、近隣のホテルの駐車場に止めてLVCCなどへ移動するのもありだろう。
問題はモノレールは朝7時からだが、なぜかアメリカの会社は早朝から稼働するのが普通なため、7時頃に開始される何かには間に合わない。

モノレールでLVCCに行くだけなら1日往復で10ドルしかかからないし、シャトルバスで移動するなら無料だが、タクシーなどでの移動もあるなら、時間節約という意味で保険料込みで1日50ドル程度からのレンタカー移動はコストに見合った物となる。

最後に、アメリカの駐車場に関する基礎知識だが、駐車場が近くに用意されているとはいえ、駐車場がでかすぎるため、駐車位置によっては移動に時間がかかる。もちろん馬鹿でかいラスベガスホテル内の移動にも時間がかかるので、その点十分注意して注意したい。

CES プレス行列の実態

CESは定義が難しいブロガーも、報道関係とほぼ同等に扱われる全世界で最も進んだデジタル機器系展示会。運営もものすごいことになっているようだが、参加者もそれなりに覚悟が必要だ。
ブロガーの数も多いが、そもそも全世界からプレス(報道関係者)が集まるので、その数が半端ではない。半端ではないため、下の写真レベルの部屋で行われるプレスカンファレンス(記者向け発表会)は30分前に並んだとしても、そこに入れるかどうかもわからない程である。

CES 2011 Panasonic Conference
CES 2011 Intel Conference

今回はサムスンには入れず、LGには去年入れなかったので初めから参加すらしなかった。
これらに入るための行列が次の写真である。

CES Line
CES Line

このレベルになると入れるかどうか微妙な状態だ。少なくとも30分前、絶対に入りたいプレスカンファレンスには1時間は前に並んでおきたい。
そのため、一日に10以上あると思われるカンファレンスは無理しないで、数を絞り余裕を持って参加することが重要である。

通常の展示会と同様にプレスルームも用意されているが、数が多いのでその中に収まりきれない。

CES 2011 Venetian Press room
これはVenetianというホテルの会場に設けられたプレスルームだが、椅子に座れず床に座っている人が見える。
さらに、部屋の外には座れればどこでも良いとばかりに床に座る人が下の写真のような状態で至るところで見られる。LVCC(コンベンションセンター)のプレスルームの規模はこの3倍近いが、それでも全員は入れない時間帯がある。

CES Press

また、プレスルームにはスポンサーがついて、コーヒーやドーナツなどの軽食に加えて、昼食(ランチ)も用意される。
今回はVerizon(日本で言えば電波的にauのような会社)がスポンサーで下のようなミニブースを構え、昼食もスポンサードしていたようだ。

CES 2011 Press Room Verizon
CES 2011 Lunch
この箱が昼食の箱で、重量は日本のより若干重い程度。日本の弁当に比べて全く違うのが厚みで2倍から3倍ほどある。

この中身はこうなっている。
CES 2011 Lunch
CES 2011 Lunch
このように箱自体はほぼ同じだが、内容はスポンサーなどによって異なる。日本と明らかに違うのが、ポテトチップスなどお菓子と丸ごとのリンゴが入っているという点。

上はサラダに鶏肉のイタリアンらしいが、ドレッシングをかけて食べる。下のはサンドイッチ。味は少しまともな飛行機のエコノミークラス程度か。
どちらも丸ごとのリンゴが入っているが、リンゴのサイズは日本人成人男性の握り拳大程度のサイズ。
炭酸飲料などのソフトドリンクも付いてくるので、アメリカ人などの体格が大きい理由がこれでわかると思う。

もちろん、この昼食をもらうためにも下の写真のような長い行列が必要だ。
CES 2011 Lunch line