エスコムグローバルの不正アクセスの説明はわかりにくいな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外用モバイルWi-Fiルーターなどをレンタルしているエスコムグローバルが不正アクセスの被害に遭ったそうだ。

気になるのは自分の情報は大丈夫なのかなと言う点。

2013年5月27日付の

不正アクセスによるお客様情報流出に関するお知らせとお詫び

によると「平成23年3月7日~平成25年4月23日」に利用したデータが被害に遭っているそうだ。
つまりこの期間のデータがサーバーに残っていると言うことだろう。

しかし、この文書の日付が西暦なのに、中に書かれている日付が元号。
元号で書かれているから、わからないんだよね。
せめてどっちかに統一するのがまともな大人のすることだ。

2011年3月7日から2013年4月23日と併記したらどうなんだろう。

それはともかく、個人的にはこの会社からは「グローバルデータのMiFi 2372で自動再接続」によると2010年5月に借りているようだ。

とりあえず、データは残ってなさそうだ。

コメントを残す