カテゴリー別アーカイブ: Google TC Summit

Google

Googleプロダクトエキスパートとウクライナ問題

Googleのヘルプコミュニティで質問に回答などしていると、Googleからよく回答している褒美としてプロダクトエキスパートのラベルをもらえます。

単にラベルがつくだけでなく、さらに一定の活動をしていると、いくつかの特典を得られます。その中に、世界中のプロダクトエキスパートとの集い参加権も得られます。

その集いへの参加し、各地域の人達と交流することこそが、このプログラムに参加することの利点と個人的には考えています。その集いがGoogleプロダクトエキスパートサミット(Google Product Expert Summit)略してPE Sumitです。2018年以前はGoogle Top Contributor(トップレベルユーザー)略してTC Summitと呼ばれていました。

2018年のPE Summit

PE Summitは年に1度世界のどこかで開催され、世界中から参加者が集まるわけですが、今まで最も規模が大きかったのが2018年のアメリカ・サンフランシスコ(正しくはSunnyvale)で行われた物で、600人ほどが参加していたようです。

その時もそうですが、世界中の様々な人達と交流すると様々な国際問題が身近な物に感じられます。
2018年の時は、トランプ政権時でアメリカへの渡航が難しい時期でした。特にアジア圏からビザの関係でサミットに参加出来ない人が多数いたとか、ロシアではモスクワのアメリカ大使館へビザを取りに行くのが遠すぎて大変だとか、どこの国でも簡単に行ける日本との状況の違いに驚くこと多いです。
それも2020年からはオンライン開催で、他の地域の人達との交流が難しい状況で、ざっくばらんな交流は難しく、リアル開催との差はかなり大きいです。

2015年のSummit

リアル開催での交流の楽しさに気づいたのが、2015年にサンフランシスコ(この時は本当にSan Francisco)で開催された時です。日本からは地球の裏側のブラジルの方と交流したりなどの普通の交流はもちろん、日本から様々な面で遠い地域の人達との交流も出来ます。
アフリカの人が、日本と韓国の政治対立に詳しいなど、参加者の幅の広さが実感できたり等、交流すればするほど感慨深くなります。

その中でも特に印象に残っているのが、ロシア系の参加者との交流です。
写真を頼まれて画面をみたら、言語がロシア語っぽかったので、ロシアから来たんですかと聞いたところ、ウクライナからとのこと。
2015年といえば、2014年のクリミア危機の直後で、国内で戦争みたいなことをやってるのに、よくこんな所に来れたなと驚いた物です。

Googleはウクライナ語(українська мова)にも対応しています。

もちろんロシアからの参加者もいますが、ウクライナとは言葉や文化が近いからか、ロシア語圏の人達は仲が良いようです。宿泊したホテルのプールではロシア、ウクライナ系の人達がかなりはしゃいでいました。

このような状況は世界各国で同じで、日本と韓国など、政治的に対立していてもユーザー同士は何の問題も無いのに世の中は不条理なこを実感できます。

https://support.google.com/communities/answer/9138806

2016年9月のサンフランシスコ、ロサンゼルスの旅 裏テーマのレンタカーをなるべく使わない編

YouTube Summitのついでに自分の趣味の旅行を組み合わせるパターンの旅。
今回の裏テーマは「なるべくレンタカーを使わない」である。

レンタカーを使えば、アメリカの場合はザックリ1日1万円程度で移動の自由が得られる。
しかし、今までのそれだけの価値がある移動をする日もあれば、そうでない日もある。今回はそうでない日が多そうだということで、このテーマを選んでみた。

今回の旅の概要

サンフランシスコで泊まる予定の地域は、Palo Alto、Burlingame。
初日にPalo Altoへ移動し、その辺で観光。
その後、Burlingameに移動。ここではYouTube Summitになるので移動はシャトルバスになる。
その後、空港へ移動しロサンゼルスの空路。
ロサンゼルスではTorranceに泊まることになると思う。

サンフランシスコ編

サンフランシスコに到着後、どうやってホテルに移動するか。
Palo AltoはCaltrainが利用出来るので、空港からCaltrainを利用するか、Super Shuttleのshare rideが良さそうな気がする。

http://www.caltrain.com
http://www.supershuttle.com

SFOからCaltrainに乗るためにはBARTを使わないと行けないが、Clipper Cardというのを買っておけば、日本のSuicaとかみたいに乗り物乗り放題になるらしい。
レンタカー使わないなら必須らしいので買っておこうか。SFOで買えるらしいし、今回行くPalo Altoの駅でもいいし、Walgreens(Pharmacy)でもいいらしい。

https://www.bart.gov
https://www.clippercard.com/

ちなみに、Super ShuttleでSFOからPalo Altoは25ドルくらい。
BARTからのCaltrainは8.15ドル。

Caltrainで降りる駅はCalifornia Avenueになる可能性もありだが、この場合も料金は変わらず。
ここから歩いて20分の範囲に泊まろうと思うので、駅からは歩いて行けばいいだろう。日本と同じ。(大丈夫かな)

Palo Altoでは実質2日で48時間も無いので、現地でバスに乗るか歩きか自転車がいいと思っている。

バスは公共のバスはあまり便利ではなさそうだが、スタンフォード大学のMarguerite Shuttleというのもあるし、シェア自転車のBay Area Bike Shareもある。

https://transportation.stanford.edu/marguerite
http://www.bayareabikeshare.com

この辺だけでなんとかなるだろう。
一応UberとLyftあたりは使えるように準備しておこう。

https://www.uber.com
https://www.lyft.com

ついでにStanford周辺で使いやすそうなZipcarは使えるようにしておくかどうかは微妙なところ。
入ったら会費がかかるので。退会しちゃうという手もあるが。

http://www.zipcar.com

ロサンゼルス編

問題はロサンゼルスだ。宿泊先まではSuper ShuttleかUberくらいしか選択肢が無い。
どちらもおおよそ片道25ドル程度かかる。
普通ならレンタカーを4日借りて400ドル程度支払うか、Uberその他を使ってどれだけ費用を削減するかだ。

宿泊地から一番近いZipcarの場所にUberで行くと15ドルくらいかかる。仮にZipcarを5時間使い、Uberで往復をすると70ドルくらいかかるので、レンタカーに近い。
バスで移動するにしろ時間がかかりすぎるので、全日ではなく中数日くらいはレンタカーを借りるというのも悪くはなさそうだ。

2016年9月のサンフランシスコ、ロサンゼルスの旅 航空券準備編

Google TCプログラム関連で、2016年は世界各地で行われる東京Meetupに招待されたが、さらにYouTubeだけのSummitが行われると言うことだ。招待されたので行ってみる。

案内は春過ぎにあり、実際にプレ申し込みが始まったのは2ヶ月ほど前から。
1ヶ月半前に申し込みが始まったので、ゆっくり状況を見ながら申し込んでみた。
各種チケットの手配はGoogle御用達の旅行代理店が行う。

同じ参加者から話を聞くと、なぜか航空券のチケットが取りにくいとのこと。
ちょうど日本の9月の連休中だからなのかよくわからないが、実際に空き状況を見るとかなり席が埋まっている。
前後1週間を見てもなぜか埋まっているので、この時期のアメリカ行きはなぜか人気があるようだ。

いつものように自費になること以外、延泊するのは自由なので、去年と同じようにロサンゼルス経由で申し込んでみた。

すると、全く望んでもないアメリカンエアラインがあてがわれてしまった。
しかも、成田からロサンゼルス経由でサンフランシスコ、帰りはその逆というパターン。
ただし、帰りの日本便は日本航空。
無料招待で文句は言えないので、とりあえずこの便で我慢することにする。

WOWOWで放送中の沈まぬ太陽のドラマシリーズを見ているので、日本航空は避けたい気がするが、まあ大丈夫だろう。

日本からロサンゼルス経由のサンフランシスコ便はAA170。
調べると、LAXではターミナル4着だが、イミグレーションはTBIT(トムブラッドレー要するに国際線ターミナル)になることが多いという。
LAX着は11時半頃から12時。LAX発は午後2時。
イミグレーションが混雑していると間に合わないのでは無かろうか。
AA便のSFO行きはその後3時間後とかになるので、本当にそうなったらどうするのだろうか。

航空券の手配も終わり、アメリカンのサイトで見ると、旅行代理店が誕生日を間違えて入力している。しかも変更が出来ない。
旅行代理店に直しておいてねと連絡する。

それから半日位して、アメリカンのサイトでまだ修正されていないが、パスポート情報などを入力してみた。
そもそもマイレージ会員としてパスポートと情報とかは入力されているはずなのに、なぜそれが反映されていないのか不明だが。

パスポート情報を入力すると、間違えて入力していた誕生日情報が消えていた。なんだったんだあれは。

今回の便の問題は、通路側が無いと言うこと。特に問題なのがNRT-LAX便の2-5-2という配列の便。
これで真ん中の席は最悪だ。

と思ったら、手続き中になぜか通路側が1席空いたので、そこがあてがわれる。

LAX-NRTはJAL便なのでオンラインで席の変更は出来ないが、JALのサイトで見る限り3-3-3という配列での真ん中なのでまだまし。どうやって変更してもらうかな。空いてないんだけど。

アメリカ旅行でのお金問題 #tcsummit

アメリカは欧米各国と同じようにクレジットカード社会です。
単にクレジットカードを多用するだけではなく、クレジットカードを持っている事を前提になっていることがよくあります。
日本の常識が通じないこともあるので注意しましょう。

クレジットカードが必須
例えばホテルですが、チェックイン時にデポジットとして、クレジットカード番号を登録します。
クレジットカードを持っていない場合、信用がない人ということで宿泊を拒否されることがあります。日本からの旅行者のように信用度は高いが、クレジットカードを持っていない様な方は旅行代理店に相談してください。
その辺のいろいろな苦労を考えると、旅行前にクレジットカードを取得しておくのが一番手っ取り早いです。

現金はちょっとでいい
現地で何に使うかにもよりますが、あまり買い物はしない、ちょっと街中をうろうろするくらいなら、1日数十ドルで十分でしょう。
仮に4日間滞在するなら100ドルもあれば十分かと思います。
防犯の意味でも、財布に何十万円とか入れて持ち歩くのは止めましょう。

アメリカドルをどう調達するか
アメリカドルは日本での両替が一番手っ取り早くて為替差損も少ないと思います。
両替はいろいろな場所で可能ですが数百ドル程度なら、日本の空港で両替するのが面倒がなくて良いかと思います。例えば街中の金券ショップの方が為替レートがいい場合もありますが、1ドル1円程度の違いでしかないので100ドルで100円程度しか変わりません。その差を気にするとか数千ドルを両替したいなら別ですが。
両替の際には20ドル札を中心に1ドルや5ドル札を多めに両替してください。100ドル札は偽札防止のため、事実上現地で使えません。安い物を買う際に20ドルでもいやがれることがよくあります。このため1ドルや5ドル札は多ければ多いほどいいです。
高額な買い物といっても数十ドル以上ではクレジットカードを使いましょう。

あまったコイン問題
どこの国に旅行する際にも問題になりますが、現地ではコインが余りがちです。
余ったコインの一般的な消費方法は、ホテルのチップにする、空港で使う、ユニセフに寄付するとなります。
ホテルのチップにする場合、ホテルを出発した後に発生するコインが利用できません。
国際空港ではコインとクレジットカードという組み合わせで、コインを全て消費するというやり方が一般的に通用するのでこちらを試すのもいいでしょう。
最終的に日本に持ってきてしまったという場合などはユニセフに寄付できますので、空港のどこかにあるユニセフの募金箱を見つけてください。
またその国に行くという場合は取っておけばいいでしょう。

チップ問題
そこかしこでチップが必要となります。
特にレストランですが、ファーストフードを除くとチップは必須と思うといいです。
チップの金額は15%程度が最低ラインのようになっているので、10ドルの食事なら1.5ドルのチップを加えた金額を支払う必要があります。
ざっくり言うと税金の2倍の金額が15ドルくらいになるので、仮に16ドルの食事をして税金1.2ドルで合計17.2ドルと書かれたレシートを渡されたら、2.5ドルくらいのチップを書いておけば問題ないでしょう。
計算とかが面倒くさくなるので、2.8ドルのチップにして合計金額を20ドルにしておくとかいうやり方もあります。
この辺は、支払い方法含めて慣れが必要な部分かと思います。

その他の豆知識
トラベラーズチェックは過去の遺物です。
現地で銀行から預金を下ろすには、特定の銀行の口座が必要になります。
キャッシュパスポートという銀行口座的にお金を下ろせる仕組みもあります。
一番手っ取り早く現地のATMからお金をおろす方法はクレジットカードでのキャッシングですけど。

Google Top Contributors Summit 2015のフライトを考える

2015年のGoogle Top Contributors Summitの期間は実質10月21日夕方から24日の朝まで。
正式なプログラムは、22日と23日。24日に別のセッションに行く人もあり。
おそらく、24日のセッションに参加する人は25日の朝までの4泊。それ以外は21日の夜から24日の朝までの3泊現地に滞在することになるのだろう。もしかしたら違うかも。

仮に、キツキツの3泊のスケジュールにすると。

JL0002
羽田 22日の深夜(午前)00:05発で、SFO 21日の午後5:25着。
UA0876
羽田 22日の深夜(午前)01:00発で、SFO 21日の午後6:11着。

これだと22日のセッションには間に合うが、21日のパーティーには何とか参加できるか終わっているかというところ。

JL0001
帰りは 23日のセッションが終わって、一休みした後、そのままSFOに行って
24日の深夜(午前)に1:38発で、25日の早朝(午前)4:27に羽田着。

UA0875
セッションが終わるかどうかというタイミングでSFOに行って、
午後8:22発で、25日の午後10:26pmに羽田着。
みたいな感じ。

このスケジュールを応用すると。
10月16日(金)の昼間の予定が終わったら羽田へ。
JL0002で17日の早朝発でSFOへ、金曜夜にSFO着。

JL0001でSFOから25日(日)の深夜1:38発、日本には月曜の早朝4:25に着。
ということが可能。
これなら9日間くらいかな。これだと、6泊分くらいをどうにかする必要がある。