英語でLとRの発音を完璧にしよう・・・なんて無駄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語の勉強で、発音なんかになると良くあるのが、LとRの発音がどうのこうの。
実際、正しい発音とは?ということはともかく、LだとかRだとかをちゃんと発音できるなら、他もそれなりに出来るんだろうから、英語圏の人に伝わる英語がしゃべれるんだろうけど、はっきり言ってそれだけ練習したって意味無いよ。

そもそも、一般的な日本人は、良くてカタカナ英語しかしゃべれないわけだけど、ほとんどのカタカナ英語は英語圏の人には通じない。

ウォーター
コーヒー
ウクレレ
チケット
その他いろいろ

もしもこの辺の言葉をカタカナ発音でしゃべってそのまま通じるなら、相当日本語英語に慣れているか、勘がすごい人であって、一般的英語圏の人には全く通じないはず。

日本人が使うカタカナ英語は、本来の意味とは違うのがたくさんあるし(マンション、セレブなど)、そもそも日本語にして自然になるように無理矢理カタカナで表記しているので、ちゃんとした英語(とは何か?)とは全く異なると言うことを理解しなければならない。

発音を練習する前に、英語圏の人はどの言葉をどのように発音しているかから勉強した方がいい。
要するに、映画やその他で英語をたくさん聞けと言うこと。
映画なんかがある程度聞けるようになったら、アナウンサーなど、しゃべりのプロではない一般人がしゃべるポッドキャストを聞くようにして、それなりに聞けるようになったら一人前。

ここで注意すべき点は、英語学習教材みたいに綺麗に発音しているのは、本当の初めだけにしておけ。
何しろ綺麗に発音しすぎていて、遅いし、実戦では役に立たない。

コメントを残す