日本の食べ物って高いね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普通のレストラン(日本語にするとその辺の定食屋とか)での一色あたりの価格は欧米諸国だと500円くらいかな。
日本でも500円前後であるけど、定食屋になるともう少し高いところも結構多い。

野菜とか果物は物にもよるけど、日本は基本的に安くはない。
物によるが、アメリカあたりだと、レストランの価格は日本と大差ないのに、スーパーでの価格は一般的に日本より高い。

物価自体は日本などと同等のドバイなんかだと、モールとかちゃんとしたレストランでの価格は日本などの欧米諸国と同じだけど、果物やら野菜は安い。
野菜やら果物なんか、ドバイの砂漠で育てないし、すべてどこかから輸入しているはずなのに、日本より明らかに安い。

よく考えれば、日本で売っている野菜は中国産とかが多かったりするし、果物なんか物にもよるが、輸入している物もかなりの数あるはずなのに、日本以上にほとんどが輸入のドバイの方が安いってのはどういうことなのかな。

ついでに、ドバイの低所得者層向けの汚らしい食堂の価格なんか、マレーシアあたりと大差ない。

一体この価格差はなんなんだ。

電化製品の価格はどこも同じなのに、食べ物だけこれほど価格差があるというのはよくわからん今日この頃。

コメントを残す