最近のPC組み立て環境

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個人的にPCを組み立てる場合、10万円から15万円くらいの予算を考えている。
価格重視の場合は、ここから削れる物を削ってということになるが、数年前に比べまともに3Dゲームをやるにはビデオカードが高く、電源とケースがそこそこ高くなっているが、メモリやHDDが安くなっているので、相対的にはどうなのか。

それより、最近のPCは電源別売りが当然だし、コネクタがしょっちゅう新しくなっているのがついて行けないところこの辺なんとかして欲しいが、PCケース自体の品質は上がっているのだろうか?

インテル+NVIDIA+ASUS系で考えてみる

まともな構成 安い構成
CPU Core 2 Duo E8400など
27,000円
Core 2 Duo E4500など
14,000円
マザーボード ASUS P5Kなど
15,000円
ASUS P5KPLなど
11,000円
ビデオカード ASUS EN8800GT
35,000円
なし
0円
メモリ 4GB
10,000円
2GB
5,000円
HDD 500GBx2
20,000円
500GB
10,000円
光学ドライブ DVDスーパーマルチ
5,000円
DVDスーパーマルチ
5,000円
OS Windows Vista Home Premium
15,000円
Windows Vista Home Premium
15,000円
ケース 10,000円 8,000円
電源 10,000円 2GB
6,000円
キーボード・マウス 10,000円 10,000円
合計 157,000円 84,000円

AMD+ASUS系で考えてみる

まともな構成 安い構成
CPU Phenom 9600
26,000円
Athlon64 X2 5000+
10,000円
マザーボード ASUS M3Aなど
12,000円
ASUS M3A78など
14,000円
ビデオカード ASUS EAH3850など
25,000円
なし
0円
メモリ 4GB
10,000円
2GB
5,000円
HDD 500GBx2
20,000円
500GB
10,000円
光学ドライブ DVDスーパーマルチ
5,000円
DVDスーパーマルチ
5,000円
OS Windows Vista Home Premium
15,000円
Windows Vista Home Premium
15,000円
ケース 10,000円 8,000円
電源 10,000円 2GB
6,000円
キーボード・マウス 10,000円 10,000円
合計 143,000円 83,000円

いいかげんに選んでいるので、本来選ばないような組み合わせになったいる部分もあるが、これをもう少しどうにかすれば合計金額はもっと安くなるだろう。安い構成ももっと安くすることも出来る。

それにしても15万円くらいの構成にすればCall of Duty 4くらいはとりあえず問題なく楽しめそうだと言うことはわかった。
Crysisくらいになると、これに数万追加しないとダメそうなところがつらいが、メモリやHDDの価格下落でそこそこの構成でも、結構なパフォーマンスが出せそうなことはわかる。

結局の所、ハイエンド環境では、WindowsでCrysisなんかもいいけど、64bit環境のLinuxでCompiz Fusionを使いたいというのが本音。

コメントを残す