衆議院議員選挙さいたま市の立候補予定者を考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

衆議院議員選挙のさいたま市選挙区は大きく分けて、旧浦和、岩槻エリア中心の埼玉県1区(見沼区、浦和区、緑区、岩槻区)と、旧大宮、与野エリア中心の埼玉県5区(西区、北区、大宮区、中央区)、2002年の区割り改正で新設された蕨市、戸田市、旧浦和市南部などが中心の埼玉県15区(桜区、南区、 蕨市、戸田市)の3つにわけられる。

過去の選挙結果を見ると

埼玉県1区

当選 比例当選
1996年(41回) 松永光 (自)
2000年(42回) 武正公一 (民)
2003年(43回) 武正公一 (民)
2005年(44回) 武正公一 (民) 金子善次郎 (自)

埼玉県5区

当選 比例当選
1996年(41回) 福永信彦 (自) 枝野幸男 (民)
2000年(42回) 枝野幸男 (民)
2003年(43回) 枝野幸男 (民)
2005年(44回) 枝野幸男 (民) 牧原秀樹 (自)

埼玉県15区

当選 比例当選
2003年(43回) 高山智司 (民)
2005年(44回) 田中良生 (自) 高山智司 (民)

となっており、主に民主党が強い地域となっている。
2005年に比例当選などで自民党議員が当選しているのは、当時の自民党ブームの影響が大きいが、2009年の選挙では、各メディアの報道もあり民主党よりの結果になりそうだ。
しかし、4年間の活動を見ると単に民主党圧勝とは言いにくい。

主な立候補者
埼玉県1区 (見沼区、浦和区、緑区、岩槻区)
伊藤岳 共産党
金子善次郎 自民党
武正公一 民主党

埼玉県5区 (西区、北区、大宮区、中央区)
枝野幸男 民主党
牧原秀樹 自民党

埼玉県15区 (桜区、南区、 蕨市、戸田市)
高山智司
田中良生 自民党
村主明子 共産党

武正公一氏は5月に行われたさいたま市長選挙で、民主党が支持しない(結果的に落選した)候補者を実質的に支持。牧原秀樹は、4年間駅前などでほぼ毎日辻立ちを実施。田中良生氏は地元有力者の子息。

各候補者は、地元でアピールすべく地域の課題となっていることを政策の一つにしている。
政党や知名度だけではない部分もじっくりと検討した上で投票したいものだ。

コメントを残す