F1のパドッククラブ(Paddock Club)はまるで別世界

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Formula 1 Suzuka 2009 Ferrari

F1のフェラーリ(Ferrari)をスポンサーしている関係者から連絡があった。
金曜日のフリー走行だけど、パドックにも入れるチケットがあるけど、行けるかという物。

F1は一度も本物を見たことないし、パドックというのはともかく、単にそこに行けると言うだけで楽しそうなので、当日は夕方から予定が入っていたけど、とにかくほぼ二つ返事で行くことにした。

そもそもこの連絡は前日の夜にあったので、本来行くべき人が行けなくなったのかどうかしたのだろうが、そんなことはどうでもいい。
名古屋駅8時集合でそこからバスで行くというので、そんな時間に関東地方から都内に行けるのか知らなかったが、新幹線の6時16分発で行けば間に合うことが判明。これに乗るためには、4時半には家を出る必要があった。
こんな早い時間に新幹線に乗ったことはなかったが、満席に近いし、5時台の電車も結構混んでいた。

名古屋駅からバスの道のりも、高速の出口直前までは順調だったが、そこからは渋滞。
出口で1kmほどの渋滞。出てからも交差点などで数回の渋滞。何でこんなところで渋滞しているんだろうというところでの渋滞。不思議なことに、鈴鹿サーキット周辺はほとんど渋滞していなかった。
結局2時間ほどで到着。
鈴鹿に団体で行くには名古屋からバスよりも、鈴鹿に近いどこかの駅からバスの方が良いのかもしれない。

鈴鹿の駐車場について驚いたのが既に走行が始まっているF1のエンジン音と、駐車場の一角でヘリが待機しており、車で囲ってヘリポートにしている点。
金属とプラスチックで出来ている金のかかってそうなチケットをもらい、すごいなぁと思っていると、そこから車で送ってくれるとのこと。F1のサービスはすごいなぁと思っていると、車はサーキットの内部に入っていった。

Formula 1 Suzuka 2009 Centerhouse

F1 Paddock Club

こんな所から席に行くのかと思っていると、どうやら様子が違う。
チケットにICタグみたいなのが仕込まれており、それで入場するのに加えて、手首にPADDOCK CLUBと書かれた物を巻かれる。後で気づいたが、チケットを交換して入れ違いに人が入ることを防止しているのだと思われる。

Formula One Paddock Club

建物中に入ると、ホテルの宴会場のように、飲み物がサービスされているし、単にどこかの席に座るだけだと持っていたのとは全然違う。耳栓と雑誌のような観戦ガイドも渡される。
どうやら、今から行くのは特別なところのようだ。

Formula 1 Suzuka 2009

Ferrari F1 Paddock Club Suzuka

フェラーリのスポンサーしている企業からなので、当然ながらフェラーリの場所へ行くが、入るとまずはお土産が渡される。Tシャツと帽子。
部屋の中は、高級レストランのように、テーブルセッティングがされている。
部屋の外に観戦スペースもあり、その真下はフェラーリのピット。
目の前にあるスタンドとは全く別世界だ。

Formula 1 Suzuka 2009 Ferrari

テーブルに着くと飲み物、シャンペン、ワイン、コーヒー、ジュースなどがサービスされるし、昼になれば食事もついている。
食事も前菜として普通に頼んだら数千円しそうな物が出てくる。

F1 Suzuka Ferrari Paddock Club

バッフェ形式でも食事は食べ放題だし、デザートもサービスされる。
ここに来た客を飽きさせないようにしているようだが、よく考えるとここにいるスタッフは日本人ではない。フェラーリなのでイタリアかどうかはよく知らないが、欧米人が全てサービスしている。日本語も通じない人がほとんどのようだ。どうやらこのスタッフは、転戦するF1チームと一緒に行動しているようだ。

ピット内を見学できる時間も用意されており、フェラーリの場合、スタッフがピット内を説明してくれる。
F1の話が来たときは、どこかのスタンドの一角にフェラーリ席があり、そこに座り、F1弁当を食べ、ピット見学の時だけそこを素通りするだと思ったが、なんという世界だろうか。

Ferrari Paddock Formula 1 Suzuka 2009

Giancarlo Fisichella Ferrari Formula 1 Suzuka 2009

フィジケラなども短時間ながら、ここへ顔を出してくれるという世界。
F1をスポンサーしている企業が顧客を接待するには最高の環境だ。おそらく、土曜日、日曜日には重用顧客の接待に使うのだろう。私と一緒に行ったスポンサー関係者も、数年前からスポンサーしているのにF1には初めて来たそうだ。

その他の写真
http://www.flickr.com/photos/kamikura/sets/72157622504424720/

YouTubeのビデオ

http://www.formulaonepaddockclub.com/

コメントを残す