アメリカの独立記念日にはご注意を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカの祝日はいくつかあるが、中でも注意した方がいいのが独立記念日の7月4日。
アメリカ人はこの日の前後に休暇をとるし、店も早めに終わる。

大勢が一斉に休みを取るので、観光地はどこも混雑。どこかに行ってしまう人が多いのか、この日のハイウェイが混んでいるわけではないが、観光地の駐車場は入るまで大変なことになる。
店は夜7時頃終わってしまうので、夜、街を出歩いてもいつもとは違う状況を味わうことになる。

ただし、夜になれば至る所で花火が打ち上げられるので、それを楽しむのもいいかもしれない。

日本の夏休みとは若干タイミングがずれるが、このタイミングで旅行しようと考えている場合、特殊な日ということを踏まえた上で日程を考えた方がいい。

コメントを残す