データ通信環境を再確認 その1 データ通信量はどのくらいか実験してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年現在、外出先でのすべての端末のデータ通信は、UQ WiMAXのモバイルルーターを使用することで実現している。
iPhoneの3Gデータ通信もカットしているので、ソフトバンクへの料金支払いも最低料金の月1000円程度である。iPadも3Gは使用していない。

普段使用している端末は、iPhone 4とiPadに加えてPC。PCはヘビーに使う場合にしか持ち運ばない。
iPhoneやiPadは将来他の端末になる可能性もあるが、その場合もWiMAXを使用するだろう。これに加えて、PC(WindowsやMac)を複数台使うのが現在考えられる最高の外出先パーソナルコンピューティング環境である。

WiMAXはPC内蔵と、モバイルルータの2つで契約しているが、普段あまりPCを持ち運ばないので、モバイルルータで使用する量が多い。
WiMAXは1年以上使い続けているが、日々通信品質その他が向上し、かなり使えるようになってきた。もちろん地方では使えないところも多いし、室内はまだまだ弱いが、私が使う限り十分使えるまでの品質になっている。

2011年からはWiMAXに匹敵する通信速度のサービスも続々と投入されてくる訳だし、ここで自分の使用している環境を確認してみるため、データ通信量をざっくり確認してみた。

データ量が最も多いのがPCであるからして、外出先でヘビーに使用した用途を想定して5時間ほど使用してみた。

PCで使用するので、裏でいろいろな物が動作するが、量として多いのは動画。YouTubeの動画(360p)などをいくつかみたが、これだけで全体の2割くらいは使用していたようだ。しかし、最も多いのがビデオポッドキャストで全部で500MBほど。
全体では900MBほどデータを受信し、送信したのは50MBだった。
動画を使用しなければ3割くらいにはなるだろうが、それでも300MBは使うことになるだろう。しかし、これから動画は使わないというのも考えにくい状況だ。

今回は5時間しか使用していないが、同じように月20日使用すると合計で18GBとなる。
これでも動画などは控えめにしていたが、PCやスマートフォンがより高性能になると、同等のことは普通に行われるようになり、月のデータ量が10GB超えが一般的になるのもすぐだと思われる。

少なくとも、固定して使用したUQ WiMAXに取り立てて不満はなかったことも付け加えておく。

コメントを残す