液晶テレビとDVDレコーダーの買い時

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

液晶テレビはオリンピック商戦で転けて、大幅値下げした後買おうと思っていたが、大手小売店ではそもそもオリンピック商戦をほとんど気にしていないような感じで、すでにシャープのアクオスですら32型が9万円程度(ポイント還元後)の値付けになっており十分安い。

本当は東芝のREGZA Zシリーズがほしいが、37型は新機種待ちになって買えないのが残念なところ。

37型は機種にもよるが15万円程度。
40型程度になるともう少し高いが、20万円程度で37型までなら底値でなくても十分買える。

20年ほど前は29型で20万円はしていたので、今のテレビの価格は十分安い。海外はSamsunやLGなんかの韓国勢も含めて競争しているのでより安いが、日本では国産ブランドでないと売れないので、世界的にも高く売れる特殊な市場。でも、過去をさかのぼって最安値であることは間違いはない。

DVDレコーダーはデジタルダブル録画で6万円程度、デジタル1つ録画で5万円程度、時々3~4万円程度の安いのが出てくる。HDD容量は250GB程度というのが標準。それ以上のブルーレイ対応やHDD容量の多いのなどになると10万円を超えてくるという状況。

パナソニックはブルーレイでオリンピックを残そうという、オリンピックなんかを録画して誰が数年後にみるんだというアホなキャンペーンをやってるけど、店頭では時差がほぼない北京でやることもありあまり当てにしていないようで、オリンピック需要が下回って安くすると言うことは絶望的。

液晶やプラズマテレビはワイヤレスHD対応になるまで待つというのもありだが、それ以上にテクノロジの変化は期待できそうにない。ワイヤレスHDに興味なければ今買ったとしても損はないだろう。

これ以外にはHDMI入力時の遅延を減らすとかもあるが、一般ユーザーにはあまり意味はなささそうなテクノロジの変化でしかなく、性能が上がるまで待つというのはナンセンス。

ネット対応とか余計な機能をつけてきたがるのが家電メーカーだが、5年後にも使える機能なんかつくわけないので、テレビは単純に放送のチューナーとモニタとして使えればいいんじゃないかと思っている今日この頃。

コメントを残す