auの新製品情報流出を妄想してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

auの2008年夏モデル情報が5月中旬に流出したが、これはいったい何を意味しているのだろうか。

日本で携帯電話関係の最大の話題になりそうなのが、3G版iPhoneの発表があるとされるアップルのWWDC関連がある6月。
日本でアップルのiPhoneを採用できない可能性が一番高いのがau。これは技術的な問題なので確実だろう。

ドコモの2008年夏モデルは5月27日だということはIR情報の新製品発表会 ライブ配信でわかる。
auはau FAN MEETINGが6月3日にあるので、この日かなにかに発表をするのだろう。
ソフトバンクも同じような時期にあるだろう。

JEITAなどの情報から、携帯端末がどうなるかは常に予想出来るが、今回はカタログ情報などが流出しており、スペックその他が丸わかりだ。もちろんこれらがフェイクだとかいう可能性もあるが、ほぼ製品と同じ物で関係者の意図的なリークだと仮定してみる。

どこから流出したのかはわからないが、意図的なリークだと考えると、iPhoneや他社新機種に挟まれ話題にならないauの話題作りの一環だと妄想すると理解しやすい。

なんだかんだ言いながらも、注目度は高く規模も大きいドコモと、価格面などで注目されるソフトバンク、取り立てて特徴のないauだが、WiMAXが来年から始まる。WiMAXもLTEと比べてどうなのか。データ通信関係はイーモバイルにやられるウィルコム。
携帯電話業界はこれからどうなるのだろうか。

コメントを残す