後期高齢者医療こと長寿医療制度に反対の人は10割負担させたらいいのでは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在の制度では、患者負担の1割に加えて、公費5割、高齢者1割、現役世代4割という非常に良心的な設定だ。将来、老人人口が増えれば、老人の負担割合は増えるみたいだけど。

反対している人は、要するに保険料払いたくないんだろう。払いたくないわりに、病気になったら医療を受けたいと思っているんだろうし、医療費は税金や、現役世代に払わしたいと思っているんだろう。 調子のいい話だ。
あきらかに老人が増えて、現役世代が減り、国などが無駄遣いしているとはいえ、財政状態もよくないのに、税金や現役世代に負担させようなんて虫のいい話だ。

年金天引きがいやな人は、決められた制度でも年金を払わない人のように、うまくすれば払わないですむだろうとか考えている人もいるのだろう。

このあたりの世代は、日本の借金を増やした無責任世代でもあり、この制度に反対しているのも自分勝手で無責任だ。もしも反対なら、単に反対するだけではなく、もっといい案を出せ。

2年前に公布した法律を今頃反対している政党やマスコミも同罪だ。

反対の人は、私は後期高齢者医療制度での保険料の支払いを免除する代わりに、患者負担は10割にしてやればいい。これなら病院に行かないでぽっくり死んでしまう人は、死ぬまで保険料や医療費は不要だ。
実際のところ、滞納者は全額負担みたいなので、特別なことをする必要はなさそうだけど。

厚生労働省 長寿医療制度が始まりました

コメントを残す