ソフトバンクのiPhone料金プランが問題だ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8GB版iPhone 3Gが$199、16GB版が$299なんて、iPod touchの値段はなんなんだと思うが、これはハードウェアとしてのiPhoneの価格ではなく、いわゆる奨励金込みの価格のようだ。

[WSJ] 安くなったiPhone――普及優先で「無料」も?

それはともかく、たったの8GB増えるだけで$100の上乗せなんか、ぼったくりすぎの気がする。機能と価格を考えれば十分安いんだけど。

ソフトバンク扱いになる本体価格はともかく、気になるのが料金体系。

現行の料金携帯そのままだった場合、 パケットし放題の9,800円なんてとんでもない金額であり、5,000円以内でなければ使う気にはなれない。合計でも6,000円以内だな。(AT&Tは、月額$39.99とデータ定額$30で約$70)

WWDCのKeynoteをみていて思ったのは、Appleは月額料金とかのせこいことで稼ぐのではなく、App Storeという新しい稼ぎ先を作り出したことが、今回のiPhone 2.0の最も大きい部分なのではないかということ。
ゲーム機会社がそうやっているように。

何はともあれ、おサイフケータイ関係をどうにかすべく行動中。

コメントを残す