いちいち量が多いアメリカのレストランと食べ物文化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本では1人前の食べ物を頼む場合、その人が食べるだろう適量を出すのが一般的だし、それでは足りない人は大盛りを頼んだりする。
その提供された食べ物は全部食べるのが日本のマナーで、残すと言うことは不味かったとかそういうことを意味するが、このあたりの文化はアメリカでは異なる。

アメリカのレストランなどで1人前を提供する場合、食べる量よりだいぶ多めに出すのが一般的。ほとんど食べてないなら不味かったとかの意味になるが、ある程度食べていればマナー的にも問題はない。一方で全部食べきった場合、足りなかったのかなと思われてしまいかねない。
日本なら、食べ物を作った人に申し訳ないので全部食べるのがマナーとされている。アメリカの場合、注文した人が足りないと思われないように多めに出すのが一般的。

残す場合、そのまま捨てることも多いが、アメリカでは持って帰るのも一般的。旅行の場合、持って帰るのが面倒なことも多いが、それができるなら持ち帰りも試してみてはいかがかと思う。

コメントを残す