iPhoneの日本語入力kanaに一言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

携帯電話の文字入力で、例えば「いぬ」と入力したかったら、1を2回、5を3回押す必要がある。これに何の違和感もない方も多いようで、電車の中などでみているとものすごい勢いで文字入力している人がいるが、私はそんなことをやりたくもないし、ほとんど出来ないと言ってもいい。

携帯電話で文字入力するくらいなら、メールの返事は電話か、PCが使えるまでほったらかしだ。 ということで、携帯電話のメール機能はほとんど使っていない。

そんな私にiPhoneのkanaなどという入力方法を示したとしても使わないのは当然。かといって、QWERTYキーではミスタッチが多すぎて入力する気も起きない。

どうせでかいkanaとかいう入力方式を増やすならなら、例えば、1の「あ」の行を押したら、「あ」「い」「う」「え」「お」がポップアップして、そのまま指を離さず、目的の場所までずらして離せば、その文字が入力されるというようなモードも追加していただきたい。

これなら、いぬと入力しようとして、「い」を通り過ぎて「う」になって、むかついて何回も押しているうちに次の「い」も通り過ぎてしまったなどと言うことは無くなるだろう。

あくまでも、日本では普通の携帯電話入力が苦手な人の意見である。

6月13日追記
最新のSDKに含まれているシミュレーターをみたらそんな機能はついていた。なぜか「ま」を押したときしか展開しなかったけど。

コメントを残す