自炊代行よりスキャンレーションの方が深刻

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

超有名作家がスキャン代行事業(自炊代行)を違法とする目的で2011年12月に大規模な弁護団を結成して一部の小規模な事業者を告発したが、実際のところスキャンレーションの方が問題だろう。

超有名作家などは自炊代行自体が違法行為で、自炊代行事業者が、データだけ販売するようになったり、裁断済みの本を売るようになるから問題だと主張しているようだが、多くのまともな自炊代行事業者はそんなことしていないだろうし、今後もしないだろう。
将来はそんな業者が出てくるかもしれないが、すでにスキャン後のデータは自炊代行などが出てくる前から様々な本であったし、今でもネット上のどこかで出回っているだろう。

自炊代行事業者が実際には裁断およびスキャンをしないで、すでにスキャン済みのデータだけを渡しているだけなら、それは本に書き込みしておけばすぐにわかる。
裁断後の書籍を売るのは、自分で裁断した本なのかもしれないし、裁断してスキャンしたがデータ自体を捨てた上で売っているのかもしれないし、わからない。
CDをリッピングして売ったり、レンタルしてリッピングするのと何が違うのか。

それよりも問題なのが、スキャンレーション(Scanlation)だ。
日本の漫画などが発行されたら、自炊代行事業者など関係なしに自分で裁断しスキャンした上で、台詞を翻訳し、ネット上にデジタルデータを置き、多くのユーザーは日本で発行されたのとほぼ同時に作品を楽しめている。
台詞の翻訳はファンサブ(fansub)といい、多くの場合その作品が大好きな一般ユーザーによってされるので、商業翻訳の洗練さは無いかもしれないが、クオリティは非常に高い。このファンサブは漫画だけではなく、映画やテレビドラマなどもあり、全世界のあらゆる作品があらゆる言語で行われていると思っていい。

大規模な自炊代行事業者を牽制するまでも無く、とっくの昔から作家が懸念していることは全世界レベルで行われている。

コメントを残す