格安高速バスを考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

例えば、東京、大阪間は500kmほど。
いろいろあって550kmの距離だとして、バスの燃費が4km/Lと仮定すると、軽油1Lが130円(2012年5月)で計算する。

550kmを走るのに必要な軽油は約140L。燃料代は18,200円。

50人乗れるバスに1人2,000円の料金を取ったとして、1回の運行での収入は10万円。

運転手の日収が1万円、燃料代その他で2万円として、どうしても必要な経費は3万円。

残り7万円をバス代、メンテナンス代などに当てたとして、1年350日この間を運行して、5年間使うと、1億2,250万円。

バス自体が、メンテナンス込みで5,000万円かかったとして、5年間で7,000万円儲かる計算。
実際はもっといろいろな経費がかかる。

格安高速バスを考える」への1件のフィードバック

  1. たかし

    >バス自体が、メンテナンス込みで5,000万円
    桁が1桁多いような気がしますが・・・^^;

コメントを残す