2012年夏、ドコモのスマートフォンを買わなかった理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MEDIAS X N-07DかXperia SX SO-05Dを買おうと思って、ドコモショップ、家電量販店に2012年8月頃いろいろと行ってみたが、結果的に買わなかった。
理由は簡単で、買う気満々で店に行っているのに、店員が私のことを気にもとめないから。

もちろん店員はいるが、他の客の契約をしているか、契約をしていない店員がいたとしても、何も知らない客への説明をしていた。

これは9月に購入したauのiPhone 5でも同じで、「買います」とはっきりと言わないと対応しないのだろうが、このあたりの客を基本無視するというのはどうなのかな。
もちろん手が足りないというのがあるのかもしれないが、その後、全く買う気がなくなって店で在庫状況を見ていると暇な店員がいるというのもよくわからない状態。

買う気がなくなってからもこの辺をウォッチし続けているが、店頭在庫はほとんどないのが基本というのはどうなのかな。
過剰在庫による値下がりを防ぐだとかの意味があるのだろうが、たいした数が出ない(iPhoneなど一部機種に比べて)のに店に在庫がないというのは機会損失になるとも思うんだ。

まあ、買う気がなくなったのでどうでもいいけどD2101Vを使い続けるか。

コメントを残す