マイクロフォーサーズっていいレンズがいくつかあるのね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

素人的にはいろいろ便利なズームは必須だよね。

オリンパスの標準ズーム
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
382gで35mm換算24-80mm。
最短撮影距離が0.2mでマクロ的にも使えるレンズ。

F2.8通しということでは、オリンパスがこのシリーズとして

M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
というのを2014年後半に発売する。
また、広角ズームでも
M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
を今後発売する模様。
これで、14-300mmをF2.8通しでそろえられる。

フルサイズに比べるとボケは数段階落ちるだろうけど、重さを考えるとすごいよね。
キヤノンのEF24-70mm F2.8L II USMなんて805gで2倍以上。

より重量を重視するならLUMIX G X VARIO 12-35mm 305gというのもある。こっちは手振れ補正機能もあるが、光学性能自体はオリンパスの方が上らしい。

望遠系でオリンパスは重くなりそうだけど、すでに出ているパナソニックだと、LUMIX G X VARIO 35-100mm 360g。
キヤノンで同じクラスのEF70-200mm F2.8L IS II USMは1490g。
重さは4倍近い。

カメラに何を使うかにもよるが、F2.8通しでレンズ2本なら合計重量は1kgくらいかな。
一方でキヤノンのフルサイズでこれを使うと3kgくらいにはなる。

コメントを残す