プラントロニクスの5000円以下くらいのBluetoothヘッドセット検討

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プラントロニクス(PLANTRONICS)のBluetoothヘッドセットを買おうかどうか悩む。
カナル型ではないのと、耳のくぼみにはめ込むシリコン上の形状が私にピッタリっぽいので。これが実使用時にどれくらい落ちないかが問題だが、ユーザーレビューを見る限りあまり問題にならないらしい。

ということで買おうかどうか悩むが、5000円程度の手頃な物をみると、仕様の違いがイマイチわかりにくい。

共通する仕様
2台同時待ち受け、DeepSleep(接続が切れた場合のスリープモード)、ワイドバンド(音が良くなる機能らしい)、2台同時待ち受け、Bluetooth v3.0、SCMS-T非対応。

SCMS-T非対応

M70 4000円程度
2014年2月発売
連続通話時間 11時間
連続待受時間 16日間
スリープモード 180日間

A2DP、AVRCP、HFP 1.6、HSP
8g

M90 5000円程度
2014年2月発売
連続通話時間 11時間
連続待受時間 16日間
スリープモード 180日間

A2DP、AVRCP、HFP 1.6、HSP 1.3
8g

2012年11月発売
Marque 2 M165 5000円程度
連続通話時間 7時間
連続待受時間 11日間
スリープモード 180日間

A2DP、AVRCP、HFP 1.6、HSP 1.2
7g

バッテリー駆動時間は異なるが、マイクとノイズキャンセリング性能が各機種毎に異なるらしい。
下位からM70、M90、M165となるようだ。
スマートフォンでの使用を予定しているが、通話機能は滅多に使わないので、個人的にはこのあたりはそれでも良さそうだ。ノイズキャンセリングで評判がいいのはM165のようだが、後から出てノイズキャンセリング機能もあるM90の方が評判が悪い理由がイマイチ不明。機能が違うのかな?

日本人として気になるのはSCMS-T非対応だが、ワンセグは対応機器を持っていないのでどうでも良さそうだし、対応の何かも使う予定がないのでどれでも良さそうだ。
ということで、いちばん安いM70でいいやという結論になりそうだ。

コメントを残す