CanonはEOS 5D Mark IIの黒点問題をどうする気だろうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_2696-3

海外のサイトでは発売数日後から話題だったようだけど、日本のサイトでは私の所含めてブログなどに書いている人は一握り。

日本の掲示板などでは、何らかの話題に上ることはあっても、大きな問題にはなっていないっぽい。
大抵は拡大しないとよくわからないからというような事のようだ。

EOS 5D Mark IIを購入したと思われる日本の20名以上のブログをチェックしているが、ここでも知らないのか、あえて書いていないのかほぼ触れられていない。

個人的にも、自分のYouTubeのビデオにコメントが付いた事から初めて気にしたけど、初めはいつもの外人の変なコメントだと思ったくらいだ。

今回の件で、キヤノンがこの事実を一切公開していないのが、一番気になる部分。
実際に問い合わせた人が掲示板に書いていることからすると、この現象自体は確認済みで、対策を検討中って事らしいが、知ってて使っている人と、知らずに使っている人では気の持ちようが変わってくる。

何しろ、後で撮った画像を確認したら、そこら中に黒点が記録されているわけで、今週対策が出なかったら、2週間もほったらかしになるわけだ。
大量に撮影した人が、キヤノンに騙されたって気持ちになっても仕方ない。

対策を検討するのも重要だけど、真っ先にやるべきはキヤノン自身がユーザーへこの件を告知することだと思う。これ自体は今すぐにでも出来るはずだ。
この件はレンズ性能による問題ではないので、真剣に対策をして欲しい物だ。

これが出来ないようでは、カメラメーカーとしての信頼は失墜するに違いない。

コメントを残す