ブログに広告載せて企業宣伝に協力する必要ないでしょ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近はいろんな広告があるそうで、Google AdSenseAmazonのアフィリエイトの2つに加えて、楽天だとかが続いて、Linkshareやらバリューコマースなんかは古くからある一般的なWebサイトに掲載できる広告サービス。

他にもいろいろあるし、この辺に加えて、最近流行っているのはブログマーケティング的な物。
ブログなんかに、製品のことを書いてもらえれば、それ自体が宣伝になるが、アップルなんかは何もしなくてもアップル好きの人が勝手に情報発信してくれるので、何もしなくてもネット上では宣伝になるという。

それに近いことを組織的にやるのが、ブログマーケティング的なことをしている会社。

商品自体がよければ、何もしなくても書いてもらえるし、情報提供すればより深く書いてもらえるかもしれない。ある程度その分野に詳しい人に説明すれば、その商品改良に関する有意義な情報を得られる場合もあって、ブログってのは企業にとって結構便利に使える物。

でもって、あまり魅力のない製品でも、ネット上である程度話題にさえなれば、SEO効果なんかもねらえるわけで、これに金を払うという会社も出てくるわけだ。

安いのは1回数百円らしいけど、場合によっては1万円くらいのもあるようだ。

一日のアクセスが数百もしくは100以下程度というブログが圧倒的多数だと思うけど、この場合、Google AdSenseの場合で一日に得られる金額は多くても100円くらいかな。
たまたまAmazonのリンクをクリックされたとしても、本1冊売れても数円や数十円程度なので、これもたいしたことない。

一ヶ月に得られる金額なんか数千円いけばいい方だろう。

こんな状況だから、1ポストあたり数百円とかいうのが成り立つんだろうけど、たかだか数百円のためにブログを汚さない方がいいね。
汚れても数百円欲しいのなら続ければいいけど、これで日本でそれなりに使える金額の数千円を得るには毎月数十個の無駄投稿が必要になって、ほとんどスパムブログのような状況になるわけだ。

雑誌の広告なんか1ページ50万円とか。大手Webサイトの広告も数十万円や数百万円。
これに比べてブログ広告の単価の安いこと。

もちろん、アクセスが少ないので安いんだが、どうせ載せてもたいした金額を得られないんなら広告なんか一切載せないってのもいいと思う。
と書きながらも、ここにはGoogle AdSenseやAmazonのが張られているわけだが、広告載せるのはアクセス数が1日1000を超えるようになってからでもいいだろう。

単なる広告はまだいいとして、最近時々あるのが、ブログパーツ的な物を常時張らないと広告載せさせないというようなところ。
ブログパーツみたいなのを載せることで、その宣伝、SEO効果が期待できるわけだけど、こればっかりは、一日100程度のアクセス数しか無くても、月に最低でも数万円払わせた方がいいね。
ブログパーツやサイドバーにリンクを張ると言うことは、そのブログにアクセスした場合、常に表示されるので、1ポスト数百円とは次元が変わってくるわけだ。
金額がたいしたことなければ、そんなリンクを張るのは止めよう。

そもそも、何のためにブログを書いているのかということを忘れないように。広告費のためだったら、そのブログ自体考え直した方がいい。

コメントを残す