2008年大統領選、民主党候補者選び勝手に妄想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年2月13日現在、代議員数は1200人でほぼ同じとする。

残りは1700とする。
内、スーパー代議員が400とする。

一般投票分1300のうち6割がオバマとする
オバマ 800
クリントン 500

スーパー代議員の8割がクリントンとする
クリントン 300
オバマ 100

残りの合計
オバマ 900
クリントン 800

総合計
オバマ 2100
クリントン 2000

正確には代議員数は4049人で、指名に必要な数は2025人。

スーパーチューズディ後の動きはオバマ優勢であり、この後どうなるかはわからないが、この動きがそのままで、スーパー代議員がクリントン有利のままだとすると、オバマはかろうじて勝利という様相。

3月4日はフロリダなどで選挙があるので、ここでもオバマが圧勝と言うことになると、クリントンが敗北宣言ということもあり得るが、クリントンが勝つようなことがあれば、さらに長引くこともあるだろう。

コメントを残す