韓国ソウル旅行記 板門店は一見の価値あり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Seoul 板門店 JSA

韓国旅行でぜひ行ってみたいと思ったのが、ソウル郊外にある北朝鮮との軍事境界線。
ここに行くにはいくつかのパターンがあるが、基本的にツアーで行くのがよいみたいだ。

ツアーはネットで事前に予約できるが、大抵の業者は単なる代理店なので、集合場所でトラブルにならないように、予約時の情報をしっかりとメモ行った方がよい。

事前情報ではジーパン禁止など服装に関していろいろややこしいことがあるが、服装は現地の軍人が決める物の、ジーパンは基本的に問題ない。
但し、ダメージがすごいのなどは駄目になる場合もあるようで、常識的な服装なら問題なさそうだ。

ほとんどの微妙な場所は撮影禁止だが、どこも平和ぼけした日本人には一見の価値がある。
なにしろ、日本から数時間の隣の国の首都ソウルからバスで数時間行ったところで、一触即発の状態。
実際に板門店に行くと、数十メートルのところで本当に軍人が向き合っているという。

この状態を見ると「なぜ同じ民族でにらみ合わなければならないんだ」と叫ぶ韓国映画の気持ちもよくわかる。

なかなかここまで緊張した場所は、世界中探してもないのでは無かろうか。それが日本からすぐの韓国にあるのだから、朝鮮半島はすごい場所である。


http://www.youtube.com/watch?v=5mUfe3EhOqc
http://www.youtube.com/watch?v=KVmXArV6Abs

Seoul 板門店 JSA
これが韓国と北朝鮮の国境。国境なんかどうでもいい時代はいつ来るのか。

http://www.flickr.com/photos/kamikura/sets/72157613171139091/

コメントを残す