俺と偏差値

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットで情報収集していたところ、学生掲示板みたいなのが出てきた。一応、そこで話題になっているっぽいことを見てみたところ、偏差値がどうのこうのばかり。

学力調べるための偏差値ってまだあるんだというのが率直な感想であるが、 私と偏差値の思い出をここに書き記したい。

思えば中学生だった頃、神奈川県から東京都に転校した。東京都の学校では、神奈川の学校ではなかった学力テストと称する謎のテストが、中間テストか期末テストの後にあった。
始めは、何で定期テストの後にまたテストがあるんだと意味がわからなかったので、そのまままじめに受けたが、問題を見てみるとどこかの学習塾かなんかが作成した問題だった。

それでも意味もわからずに受けて、しばらくして結果が知らされたのを見て驚いた。これが学力を調べるための偏差値が書かれた物であったことに。
当時の偏差値が何だったかは覚えていないが、そもそも業者主導での学力テストを公立学校が行っているというのは何かおかしいという、今に続く批判精神から、このテストを否定することになった。その結果が書かれた紙はすぐに捨ててしまった。

その後の学力テストはもちろんまじめに受けることはなく、結果を受け取っても中身を見ることなく捨てていた。
その中学をなんとか卒業してからは、学力テスト風の物は一切受けたことがない。

ということで、自分の偏差値は知らないし、今のところ偏差値が何かの役に立ったことはない。知らなくて損をしたこともない。

学力テストをまじめに受けたことはないが、まじめに受けたとしても、おそらく偏差値は10くらいだったのではなかろうか。

コメントを残す