iPhoneは買わないだろうけどやっぱり悩ましい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3G版iPhoneは年内に登場し、ドコモかソフトバンクで使えるようになるんだろうが、多分iPhoneは買わないだろう理由に書いたようにモバイルSuicaを使いたいから買わないんだろうな。

そもそもモバイルSuicaなんかビュー・スイカカードを使えばいいんだし、そんなにこだわる必要はないんだろうな。審査に通るかは別にして

3G版iPhoneが現状の機能が3Gになるだけなのか、それともより強化された物になるのか興味深いところ。それより、2008年3月6日のイベントではSDK発表して勝手にソフト作ってねではなくて、エンタープライズ向けで、BlackBerryやらWindows Mobileなんかに対抗できる機能を紹介していたのが気になるところ。
(どうでもいいけどHD版の映像は死ぬほど高画質だな、テレビいらん)

気になると、買いたくなるが、どうせ買うなら現行のiPhoneではなくて、より高機能の最新版が欲しくなるのはほとんど病気だから。

インテルが2008年第二四半期に出すというAtom(Menlow)を使ってくるとは思えないが、来年くらいに出るiPhoneは、Menlowの次のMoorestownを採用してきてもおかしくはない。

その頃になれば、フラッシュドライブも32GBくらいが標準になるんだろう。このくらいの量になれば、ポータブルデバイスに入れるデータ量としては不満はないが64GBとかになればよりよい。

おそらくMoorestownあたりを使えば、Flashやら何やらの重たい物も普通に動作するようになるだろうし、2009年まで待ってみるというのも悪くはないだろう。それまではiPod touchでいいや。

コメントを残す