Office 2007を安く買う方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正式名称Microsoft 2007 Office System。略称2007 Office System。決してOffice 2007ではないが、このソフトウェア自体は全世界標準的に使われている。

OpenOfficeでいいじゃないかとも言われるが、何の断りもなく、ExcelやPowerPointのファイルが送られてくる昨今、いろいろな関係から、やっぱり最新のMicrosoft Officeが無ければ不便という状況は当面変わりそうにない。
それでもOpenOfficeとかで通す人はご自由に。

これを導入する際にネックになるのが価格。殿様商売のマイクロソフトだから、全部入りのOffice Ultimate 2007が8万円というのはともかく、一般的に使われるだろうWord、Excel、PowerPointの3本が入ったOffice Standard 2007が5万円というのはどうなんだろうか。

個人的には2007 Office SystemがOffice 97以来の大改革ということなので、10年間使い続けたOffice 97からの乗り換えを考えたが、なんということか2007 Office Systemのアップグレード対象はOffice 2000からだった。
ということで、Office 95 Professionalから、Office 97 Professionalへのアップグレードを経て、ようやくアップグレードしようと思ったがそれも難しくなってしまった。

Office 2003に一度アップグレードするというようなことはしたくないので、どうにかして安くアップグレード出来ないものか考えたところ、いくつかの方法が見つかった。

一番手っ取り早いのが、Mac OS Xで動作するOffice 2008 for Mac ファミリー&アカデミックを入れること。
これならMac OS Xさえあれば、2万円で正規品が購入できて非常にお得だ。(ライセンスも3つある)
名前も2008 Office Systemではないところも良い。

Mac OS Xならそんなことも出来るかもしれないが、Windowsの場合どうなんだ。もちろん、WindowsでもMac版程までは行かないが、安く買う方法はある。

まずは、2007 Offce Systemのアップグレード用件をみてみよう。よく読むと、面白いことがわかるはずだ。

http://www.microsoft.com/japan/users/2007office/upgrade.mspx

ようするに、Officeの何かの製品があれば、2007 Office System Suiteにアップグレードできてしまうのだ。

http://q.hatena.ne.jp/1191854288

つまり、Office製品の何かを購入して、アップグレード版のSuite製品を入れてしまえばいいのである。

一番安いOffice製品はInterConnect 2007で約6,000円。これにアップグレード版Office Standard 2007が2.5万円程度。おおよそ3.1万円で購入できる。正規版のOffice Standard 2007が5万円弱なので、2万円ほどお買得ということだ。

Word、Excel、PowerPointあたりを使う大多数の方にはこの方法がお得だ。ライセンスは機種を買い換えても継続するのでプリインストール版PCを買うよりお得かもしれない。

それ以上のことをやりたい場合はかなり面倒になる。Accessや、複数のPCやチーム環境でファイルをやり取りする場合に便利なGrooveなどを入れたい場合だ。

Grooveは単体で2.5万円、Office SuiteではUltimateにしか入ってないのでアップグレード版でも6.5万円ほど。余計なソフトまで導入することを考えると、何がいいのかわからなくなってくる。

FolderShareもLiveサービスと統合されるようだし。

http://www.microsoft.com/japan/users/2007office/

この記事を書いた後、さらに安く出来る物をマイクロソフトが発売している。

コメントを残す