Amazon Kindleで日本語表示研究 その6 – スキャンした本がどれだけ読めるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小説や漫画をスキャンした物は、ある程度Kindleでも読むに耐えうる品質であることはわかったが、どの程度まで可能なのかさらにチェックしてみた。

試してみたのは、通常の漫画や小説に加えて、カラーがある漫画、大きめの紙に書き込みの多い漫画、雑誌風の物、コンピュータ関連マニュアル書に多い大きめの紙の分厚い本。

結論から言えば、どれも一応読める。特に、通常の漫画や小説は問題ない。
これを使っているとKindleは初期のiPodにしか見えない。数年後には持ち歩いて音楽を聴く人がiPodや類似デバイスを持っているように、ほとんど全員がKindleのようなデバイスを持っているんじゃ無かろうか。

しかし、以前も書いたように紙で読むことを前提としたA4サイズ程度の書類は、文字サイズの関係できつい。
Kindle DXなら問題なさそうだが、Kindle 2(Global Wireless)で読むには少々無理がある。
個人的にはとりあえず読めるが、そのレベルでしかない。老眼の方には無理だろうし、普通に読むには厳しい。


ビデオは下のリンクにある720p版を推奨します。

あくまでも参考だが、スキャンしてKindle用に加工したPDFファイルの容量は
漫画が300ページで60MB程度
コンピュータ系マニュアル書は500ページで50MB程度
カラーの雑誌は100ページで100MB程度
文庫本の小説は200ページで30MB程度
ハードカバーの小説は400ページで50MB程度
になる。

1冊あたり50MB前後とすると、1.5GBで30冊程度の書籍を入れられる。
iTunesのような転送に便利なソフトが出てくるとさらに使えると思うが、普通スキャンすることなんかないだろうし、PDFファイルの管理はとりあえず自分でやるしかない。
音楽と違って、一度に読める量も限られているのでそんなに入れる必要はないけど、管理ソフトは必要になると思う。

通常の漫画や小説 – 問題なく読める
カラーがある漫画 – 問題なく読める
大きめの紙に書き込みの多い漫画 – 少々厳しいが読める
雑誌風の物 – かなり厳しいが一応読めないことはない
コンピュータ関連マニュアル書に多い大きめの紙の分厚い本 – 一応読めるけどかなり厳しい

http://www.vimeo.com/8021634 720p版

つづく

Amazon Kindleで日本語表示研究 その6 – スキャンした本がどれだけ読めるか?」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Amazon Kindleで日本語表示研究 その5 – 青空文庫 | kamikura.com Blog

コメントを残す