SD/SDHC CFアダプターNB-CSDACP3を買ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BN-CSDACP3

コンパクトフラッシュでSDやSDHCカードを使えるようにするアダプターは、SDカードのみだった時代からいろいろあるが、よくわからないメーカのが多く使う気がしなかった。

最近、松下電器からSDHC対応の製品「NB-CSDACP3」が発売されたので買ってみた。4,000円ほど

一応、SDまで対応の「BN-CSDABP3」も持っていたが、当時のSDカードへのアクセス速度が死ぬほど遅かったので、予備としてしか持ち歩いていなかった。

ということで、少しはアクセス速度が速くなるだろうと思って、SDHC対応の物を入手したわけである。

そもそも、コンパクトフラッシュはデジタル一眼レフで使用しているが、最新のCanon EOS Kiss X2なんかはSDHCに対応しているわけで、上位使用の一眼レフでもなければコンパクトフラッシュは使わないわけだ。
今使っているEOS Kiss Digital Nは、2005年くらいに買ったが、当時はマイクロドライブのコストパフォーマンスが高かったので4GBのマイクロドライブを2万円くらいだったと思うが、当時、同容量のコンパクトフラッシュは倍以上したのではなかったかな。

今でもコンパクトフラッシュはそこそこ高いが、アクセス速度を重視するような、プロ向け一眼レフでは今後も残るのだろう。

EOS Kiss Digital Nでマイクロドライブと比較してみると、Class 6のTranscend製SDHCカードと同等かそれより早いアクセス速度が得られるようだ。
EOS Kiss Digital N程度の低速連射でも、数秒しか耐えられない速度であるが、連射なんかは滅多にしないので必要十分だ。他にどんなSDHCカードで問題なく使えるのかわからないが、少なくともパナソニックでなければだめと言うことはなさそう。

これで、メモリーカードを統一することが出来る。

http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=BN-CSDACP3

コメントを残す