携帯電話キャリアを意識しなくなる時代

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

将来、ドコモやau、ソフトバンクなどの携帯電話キャリアは単なる土管屋になると言われている。
土管屋とは、つまり携帯電話系の電波を流すだけの業者になり、自社ブランドの携帯電話やサービスを提供しない会社になると言うことだ。

実際、アップルのiPhoneは日本では2010年4月現在、ソフトバンク回線を使ってサービスを提供しているが、iPhoneはソフトバンクだから出来るサービスではない。
メールアドレスなども、ソフトバンクの物は必要ではないし、通常のインターネットが普通に利用できるので、携帯電話用のインターネットサービスメニューも不要。
この市場にGoogleやMicrosoftに加えて、様々な会社が主導権を取ろうと必死である。

これを水道に照らし合わせると、水自体やそれが流れる水道管を提供しているのは、地域の水道局などだが、水の味は地域によって違うし、水道管自体も素材によっていくつかに分けられる。
管の素材は、鉄、プラスチック、コンクリートなどだが、プラスチックでも塩化ビニルやポリエチレンなどいくつかある。このなかで、もっとも地震などに強いのは、大地震などで大きく揺れたりしても割れることのないポリエチレンだ。
一般の利用者は、この水道管を全く意識していない。
意識しているとすれば、その中を流れる水自体の味だろう。例えば東京都は、高度浄水処理した水を提供しており、そうでない古い水処理の地域に比べると味が全く異なる。

一般の水道利用者はもちろん水道管が万一の時にも問題ない物の方が好ましいと思っているだろうが、経路がどうであれ、重視するのはその味自体では無かろうか。
もちろん、高度浄水処理装置に更新する場合、経費がかかるため一般に水道料金が上がる。

携帯電話の電波の場合、たまたまドコモの電波状況が優れており、ソフトバンクは劣っている。近い将来、状況が変わることはないだろうが、LTEなど新方式でどうなるのかはまだわからない。
電波がつながらなければどうしようもないが、ある程度問題なくつながるのならば、携帯端末で重要なのはその端末の使い勝手や、そこで使えるサービス自体の品質である。

電波が良くても、端末やコンテンツが劣っているのと、電波はそれほど良くないが、端末やコンテンツが優れている物のどちらを選ぶべきなのか。
水道なら、多くの方が水の味を重視すると思われる。だれも水道管自体は意識していないだろう。また、携帯電話系のネットワークに近い物では、インターネットのプロバイダ(ISP)はどこを選ぶべきかは悩みどころだった。現在では、どこもそこそこのサービスを提供しており、ほとんど意識されていないようだ。

今のところ、一時期のISPと同じように、携帯電話では端末の出来やコンテンツではなく、電波の品質で選んでいる方も多いようだ。
しかし、重要なのはそこで使えるサービスであり、この状況は近い将来確実に変わっていくのだろう。

コメントを残す