ボイスレコーダーを選ぶ 2010

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

将来音声認識技術が飛躍的に向上して、人間が認識できるレベルの音声ならすべてテキスト化できるようになるだろう。
その時に備えて、録音時間が長く、使い勝手がよいボイスレコーダーが欲しい。

今使っているのは三洋のICR-PS285RM。これはこれでいいが、現在販売されているエントリー製品と同等の機能で、最新の製品と比べると見劣りする。
録音性能自体は最新のでも大差ないと思うが、内蔵メモリだけなのと、内部でフォルダとか作るのが個人的に気に入らないのはとりあえず置いておくとして、USBインターフェース内蔵はあまり便利ではない。

内蔵メモリで2GBはとりあえず困らない量だが、1日12時間、10日間録音しっぱなし(どんな用途だ)とかでも問題ない量ではない。もちろん、頻繁にファイル整理すればいいが、でかい容量でその心配なしというのが理想。
内蔵メモリで、PCと接続すると、2つのドライブとしてみられるのが面倒くさい。セキュリティ領域というのを作っているが、はっきり言って個人的には意味無し。
USBインターフェースを内蔵し、そのままPCに接続できるのは便利らしいが、向きとか他のインターフェースとかの関係もあってケーブル接続した方が便利なことの方が多かった。
ついでに言えば、充電するときに充電用のボタン(これが分かりにくい)を幼ければ行けないのも面倒くさい。

ということで、他のを探すと

三洋のICR-XPS01MFと、ソニーのICD-SX713あたりになるのかなと思っている。

ICR-XPS01MFは、専用バッテリと言うこともあり小型軽量、USBのインターフェイスはmicroUSB。
難点は取り立ててないが、クレードルは不要である。小型軽量なのはかなりの利点である。
Webにあるバッテリでの録音可能時間は表記を間違えていてよくわからないが。

ICD-SX713は単四型バッテリを2つ使うと言うことで、バッテリ駆動時間はそこそこ長いが、Webには情報がない。
難点は、少々最近の製品にしてはでかい。miniUSBでmicroUSBが多くなったので面倒だ、くらいか。

なにはともあれ、悩むくらいいろいろあるのは喜ばしいことだ。
今回改めて知ったが、この手のICレコーダーはリニアPCM録音には対応していても24bitで録音できないのか。

ボイスレコーダーを選ぶ 2010」への2件のフィードバック

  1. Kevin

    よく上倉さんのblogを読んでいます。本当にいろいろ勉強になりました。
    上倉さんのblogを読んでいるとき、いつも気になるのは文章の一番最後のgoogleの広告です。
    なぜ広告の内容と文章の内容がこんなに近いですか?文章の内容と広告の関連性がすごく高いですね。
    googleのAdSenceの中に何か設定しましたか?
    私自身も個人のサイトを作っていますが、まだいろいろ勉強しています。もし上倉さんはこの広告の設定やサイトの調整などに対して、一文を草したら、大変助かります!(コメントにてもご答え頂ければ幸いです)
    ちなみに、先回Kindleについての質問をご答えて頂いてありがとうございました!昨日、ようやくアメリカのAmazonにでKindleを購入しました!多分来週日本に到着するんだろう!

  2. kamikura 投稿作成者

    Google Adsenseは特に何も設定していません。
    通常の設定をそのまま使っているだけです。一般的にGoogle側が勝手にページの内容に合わせた広告を配信するので、何もする必要はないと思いますが。

コメントを残す