マスコミなんて横暴だよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋葉原の事件の関係のブログエントリを読んでいたら、福知山線事故でクレーンを使った撮影をしていたというエントリを見つけた。
今頃知ったのも遅すぎるけど、この光景はすごいね。

少なくとも言えることは、マスコミは自分だけはいい絵をとろうと思って必死なことは確か。

パソコン関係の発表会などに行き、撮影しようと思って空いているところに入り込んだら、NHKの人からここは動画が来るのでじゃまだとか言われたり、フジテレビの人から影が入ってるからじゃまだとか言われたりすることはしょっちゅう。

テレビ局の例しかないけど、このへんの横暴はすごい。気の弱い人なら二度と行きたく無くなると思う。

それに比べて新聞社とかのスチールカメラはそれほどでもないけど、そもそもテレビ局がパソコンの発表会の画像を何かに使っていることをほとんど見たことがないというのは、どうしたもんだろうか。

現場では、大勢が少しでもいい絵をとろうと思って必死なので、遠慮しながら撮影なんかしてられない。そんな場所では、多少横暴にならざるを得ないため、暴言吐きまくりのカメラマンもいるが、そんな場所で何を言われても気にする必要はない。
パソコン関係の発表会なんかは、シャッターチャンスを逃す場面は少ない物の、なんらかの事件現場だったら、いつ次のシャッターチャンスが来るかわからないから、現場のカメラマンは必死だろうね。

それが行き過ぎて、クレーン車を出しての撮影とかになったり、献花している人をお構いなしに撮影したりするようになるんだろうけど、自分もこうならないように反面教師としたい。

コメントを残す